コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治頭瘡一方 ぢづそういっぽう

1件 の用語解説(治頭瘡一方の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぢづそういっぽう【治頭瘡一方】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)連翹(れんぎょう)蒼朮(そうじゅつ)防風(ぼうふう)川芎(せんきゅう)荊芥(けいがい)紅花(こうか)忍冬(にんどう)大黄(だいおう)甘草(かんぞう)などを含む。日本でつくられた漢方を意味する「本朝経験方(ほんちょうけいけんほう)」による処方。湿疹(しっしん)皮膚炎などに用い、分泌物のあるとき、とくに有効とされる。乳幼児にも処方できる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

治頭瘡一方の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬漢薬薬酒草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone