治頭瘡一方(読み)ヂヅソウイッポウ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版「治頭瘡一方」の解説

治頭瘡一方

(ツムラ)


 湿疹しっしんしろう性湿疹アトピー性皮膚炎の治療薬です。


 顔や頭におでき・ただれ・かさぶたなどができて、強いかゆみがみられる、体格もよく体力もある人に用います。おもに小児に用いますが、大人に用いることもあります。


①下痢のある人、著しく胃腸の弱い人、体力が極端に衰えている人、妊婦、現在妊娠する可能性のある人、ほかの薬を用いている人は、あらかじめ医師に報告してください。


②副作用として、食欲不振、下痢、腹痛などの胃腸症状をおこすことがあります。


③長期間用いているときに、血圧の上昇、むくみ、体重増加、脱力感、手足のけいれんや麻痺まひなどの異常を感じたら、服用を中止し、すぐ医師に報告してください。


④指示された期間用いても症状が改善しないときは、医師に報告してください。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典「治頭瘡一方」の解説

ぢづそういっぽう【治頭瘡一方】

漢方の一つ。生薬(しょうやく)連翹(れんぎょう)蒼朮(そうじゅつ)防風(ぼうふう)川芎(せんきゅう)荊芥(けいがい)紅花(こうか)忍冬(にんどう)大黄(だいおう)甘草(かんぞう)などを含む。日本でつくられた漢方を意味する「本朝経験方(ほんちょうけいけんほう)」による処方。湿疹(しっしん)皮膚炎などに用い、分泌物のあるとき、とくに有効とされる。乳幼児にも処方できる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android