コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治頭瘡一方 ぢづそういっぽう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぢづそういっぽう【治頭瘡一方】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)連翹(れんぎょう)蒼朮(そうじゅつ)防風(ぼうふう)川芎(せんきゅう)荊芥(けいがい)紅花(こうか)忍冬(にんどう)大黄(だいおう)甘草(かんぞう)などを含む。日本でつくられた漢方を意味する「本朝経験方(ほんちょうけいけんほう)」による処方。湿疹(しっしん)皮膚炎などに用い、分泌物のあるとき、とくに有効とされる。乳幼児にも処方できる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android