コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼田盆地 ぬまたぼんち

5件 の用語解説(沼田盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼田盆地
ぬまたぼんち

群馬県北部,利根川とその支流薄根川,片品川との合流点付近にある盆地。北は武尊 (ほたか) 山,南西を子持山,南東を赤城山の火山が囲み,盆地の形状は逆三角形をなす。西寄りを利根川が南流し,河岸段丘を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぬまた‐ぼんち【沼田盆地】

群馬県北部に広がる盆地。赤城山子持山武尊(ほたか)山などに囲まれた三角形の地域。標高は300~500メートル。西方の利根川に片品川・蓮根川が合流する。河岸段丘が発達し、上位段丘は畑、下位段丘は水田に利用される。中心都市は段丘上にある沼田市。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまたぼんち【沼田盆地】

群馬県北部,利根川と片品川の合流点付近に形成された盆地。沼田市を中心に昭和村,白沢村,川場村にまたがる。東西13km,南北9km,標高300~600m。北に武尊(ほたか)山,東に赤倉山,雨乞山,南に赤城山,子持山,西に三峰山があり,利根川,片品川をはじめ薄根川,四釜川などが流れる。盆地内には上中下3段の河岸段丘が発達し,とくに上位段丘面は広く分布している。段丘面の標高は380~600mで,南西に向かって低下し,河床からの比高は80~160mである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕沼田盆地(ぬまたぼんち)


群馬県北部、赤城(あかぎ)山・武尊(ほたか)山・子持(こもち)山に囲まれた盆地。利根(とね)川と片品(かたしな)川の合流点付近を占める。東西約13km、南北約9km。標高約300~600m。中心は沼田市。数段の河岸段丘が発達し、低地では稲作、上位段丘では高原野菜リンゴなどの栽培が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼田盆地
ぬまたぼんち

群馬県北部、赤城(あかぎ)、武尊(ほたか)、子持(こもち)などの山に囲まれた三角形の盆地。東西約13キロメートル、南北約9キロメートル、標高300~600メートル内外。西辺の利根(とね)川に片品(かたしな)川と薄根(うすね)川が合流する。数段のみごとな河岸段丘が発達し、沼田市も段丘上にあり、段丘礫(れき)層の下の粘土層により、盆地はかつて湖であったと考えられている。上位段丘面には桑畑や野菜畑、下位段丘面には水田が多い。気候は内陸的で、群馬名物のからっ風は吹かない。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼田盆地の関連キーワード片品川古利根川網島月夜野[町]群馬県利根郡片品村鎌田群馬県利根郡片品村築地群馬県利根郡片品村戸倉利根〈村〉群馬県利根郡片品村幡谷群馬県利根郡片品村針山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone