コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼田盆地 ぬまたぼんち

5件 の用語解説(沼田盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼田盆地
ぬまたぼんち

群馬県北部,利根川とその支流薄根川,片品川との合流点付近にある盆地。北は武尊 (ほたか) 山,南西を子持山,南東を赤城山の火山が囲み,盆地の形状は逆三角形をなす。西寄りを利根川が南流し,河岸段丘を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぬまた‐ぼんち【沼田盆地】

群馬県北部に広がる盆地。赤城山子持山武尊(ほたか)山などに囲まれた三角形の地域。標高は300~500メートル。西方の利根川に片品川・蓮根川が合流する。河岸段丘が発達し、上位段丘は畑、下位段丘は水田に利用される。中心都市は段丘上にある沼田市。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまたぼんち【沼田盆地】

群馬県北部,利根川と片品川の合流点付近に形成された盆地。沼田市を中心に昭和村,白沢村,川場村にまたがる。東西13km,南北9km,標高300~600m。北に武尊(ほたか)山,東に赤倉山,雨乞山,南に赤城山,子持山,西に三峰山があり,利根川,片品川をはじめ薄根川,四釜川などが流れる。盆地内には上中下3段の河岸段丘が発達し,とくに上位段丘面は広く分布している。段丘面の標高は380~600mで,南西に向かって低下し,河床からの比高は80~160mである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕沼田盆地(ぬまたぼんち)


群馬県北部、赤城(あかぎ)山・武尊(ほたか)山・子持(こもち)山に囲まれた盆地。利根(とね)川と片品(かたしな)川の合流点付近を占める。東西約13km、南北約9km。標高約300~600m。中心は沼田市。数段の河岸段丘が発達し、低地では稲作、上位段丘では高原野菜リンゴなどの栽培が盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼田盆地
ぬまたぼんち

群馬県北部、赤城(あかぎ)、武尊(ほたか)、子持(こもち)などの山に囲まれた三角形の盆地。東西約13キロメートル、南北約9キロメートル、標高300~600メートル内外。西辺の利根(とね)川に片品(かたしな)川と薄根(うすね)川が合流する。数段のみごとな河岸段丘が発達し、沼田市も段丘上にあり、段丘礫(れき)層の下の粘土層により、盆地はかつて湖であったと考えられている。上位段丘面には桑畑や野菜畑、下位段丘面には水田が多い。気候は内陸的で、群馬名物のからっ風は吹かない。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone