コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武尊山 ほたかやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武尊山
ほたかやま

群馬県北部,みなかみ町川場村の境にある円錐形火山。標高 2158m。那須火山帯に属する。山頂部に馬蹄形火口が南に開き,剣ヶ峰山 (2005m) ,前武尊山 (2040m) などの峰が火口を囲む。山名日本武尊東征のおり,この山の悪鬼を退治したという伝説に由来する。山腹部は浸食が進み,放射状の谷が発達している。山麓は裾野が広く畑地に利用され,コンニャクホウキモロコシ,リンゴを栽培。東麓には数ヵ所にスキー場があり,南麓川場温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほたか‐やま【武尊山】

群馬県北部にある円錐状火山。標高2158メートル。南東麓にスキー場がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

武尊山【ほたかやま】

群馬県北部,沼田市北東端にある成層火山。標高2158m。山頂部にある馬蹄(ばてい)形の火口跡を囲んで,前武尊,武尊山,剣ヶ峰の峰々がある。信仰の山,修験(しゅげん)の山として知られる。
→関連項目迦葉山日本百名山沼田[市]水上[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほたかやま【武尊山】

群馬県北部にある山。標高2158m。第四紀噴出の火山で,截頭円錐形を呈し,全体に開析が進んで山頂付近まで深い放射谷に刻まれるが,北麓の武尊田代や西麓の玉原(たんばら)などには溶岩流の広い緩斜面が発達する。基盤岩は中生層,花コウ岩,第三系グリーンタフで,標高950~1500mに分布する。火山体はおもに複輝石安山岩質溶岩および大量の火砕岩などで構成され,山頂部には板状節理の発達した溶岩が分布する。山頂部の前武尊,武尊山,剣ヶ峰山を連ねて南に開いた馬蹄形の山稜は,浸食カルデラ壁である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕武尊山(ほたかやま)


群馬県北東部にある成層火山。標高2158m。古い火山で、南側に馬蹄(ばてい)形の爆裂火口が開き、山体は浸食が進む。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。「ほたかさん」とも読む。山名の「武尊」は日本武尊(やまとたけるのみこと)にちなむが、その始まりは江戸時代といわれる。山麓(さんろく)一帯にはスキー場・キャンプ場・温泉が多い。西麓(せいろく)に玉原(たんばら)湿原、北東麓(ほくとうろく)に田代(たしろ)湿原がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武尊山
ほたかやま

群馬県北部、利根(とね)郡川場(かわば)村とみなかみ町の境にあるコニーデ型の火山で標高2158メートル。「ほたかさん」ともいう。山頂部の南側に馬蹄(ばてい)形の爆裂火口を有し、それを囲んで前(まえ)武尊、剣ヶ峰(けんがみね)、獅子ヶ鼻(ししがはな)山などの峰に分かれる。斜面は深い放射谷で刻まれ、末端部で水田や雑穀、コンニャクイモ、リンゴなどが栽培され、武尊牧場がある。近年急激に東麓(とうろく)が観光地化し、前武尊(オグナほたか)、武尊牧場、尾瀬岩鞍(いわくら)などのスキー場が続々とつくられ、農家のなかには民宿にかわったところもある。北西に水上高原、南麓に川場温泉がある。登山口は花咲(はなさき)口、川場口、藤原口の三つがあるが、登山者は多くない。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

武尊山の関連キーワード百名山(日本百名山)群馬県利根郡川場村群馬県利根郡片品村コンニャクイモ群馬県沼田市水上[町]深田久弥譽國光片品村谷川岳水上力鶴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武尊山の関連情報