コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片品川 かたしながわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片品川
かたしながわ

群馬県北東部を流れる川。鬼怒沼山に源を発し,南西に流れ,沼田市利根川に注ぐ。全長 60.8km。本流沿いの沼田街道は会津に通じ,尾瀬への通路をなす。支流の小川筋は金精峠を経て日光に通じ,菅沼丸沼大尻沼がある。中流部には吹割 (片品) 渓谷および吹割滝 (天然記念物・名勝) ,老神温泉などがあり,下流部は赤城山北麓と沼田盆地の間を西流し,河岸段丘が発達する。本支流に十余の発電所がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かたしな‐がわ〔‐がは〕【片品川】

群馬県北東部を流れる川。尾瀬沼南方と鬼怒沼山(標高2141メートル)西方に源を発し、沼田市の南で利根川に注ぐ。長さ約61キロ。本・支流は電源地帯で多くの水力発電所がある。両岸には河岸段丘が発達し、農耕地として利用されている。中流の渓谷に吹割の滝がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かたしながわ【片品川】

群馬・栃木・福島3県境の黒岩山西斜面に源を発し,南西に流れて沼田市の南部で利根川に注ぐ川。全長60.8km,流域面積676km2。菅沼,丸沼の水を集める小川のほか塗(と)川,根利川,赤城川など多くの支流をもつ。上・中流部には渓谷が多く,吹割(ふきわり)渓谷と吹割滝はよく知られる。川沿いには丸沼,白根,片品,老神(おいがみ)などの温泉があり,中流の薗原(そのはら)ダムは,高さ76.5m,有効貯水量1414万m3の多目的ダムである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕片品川(かたしながわ)


群馬県北東部を流れる川。1級河川(利根(とね)川水系)。延長61km。尾瀬(おぜ)沼の南方、福島・群馬両県境をなす三平(さんぺい)峠に源を発し、武尊(ほたか)山東麓(とうろく)を南流、沼田(ぬまた)盆地の南端で利根川に合流する。沼田市利根町追貝(おっかい)・高戸谷(たかとや)にある吹割(ふきわれ)渓と吹割瀑は国指定の名勝・天然記念物。その下流3.5kmに老神(おいがみ)温泉がわく。そのさらに5.5km下流に薗原(そのはら)ダムがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片品川
かたしながわ

群馬県北東部を流れる川。利根(とね)川の支流。源を尾瀬(おぜ)沼南方および鬼怒沼(きぬぬま)山西方に発して南流し、赤城(あかぎ)山北麓(ほくろく)で根利(ねり)川、赤城川をあわせ、沼田(ぬまた)盆地の南端で利根川に合流する。延長60.8キロメートル。流域にはみごとな段丘が断続的に発達し、農耕地としてよく利用されている。沼田駅から尾瀬へはこの沿岸にバスが通じる。沼田市利根町追貝(おっかい)の地域には国指定天然記念物・名勝の吹割渓(ふきわれけい)ならびに吹割瀑と甌穴(おうけつ)群の絶景がみられ、その下流に老神(おいがみ)温泉がある。また、本・支流は電源地帯の一つで、14か所の水力発電所で14万キロワットを発電し、中流の薗原(そのはら)ダムと薗原湖を訪れる人も多い。片品川沿いの地域は利根東入(ひがしい)りともいう。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

片品川の関連キーワード昭和(村)(群馬県)群馬県利根郡片品村バットレスダム白沢(群馬県)老神[温泉]群馬県沼田市昭和[村]白沢[村]沼田[市]利根〈村〉沼田(市)片品(村)利根[村]片品[村]薗原ダム昭和村片品村白根山南流追貝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片品川の関連情報