コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子持山 こもちやま

4件 の用語解説(子持山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子持山
こもちやま

群馬県中部,沼田市南西端にある円錐 (コニーデ) 形火山。標高 1296m。西の小野子山と並んで双子火山をなす。複輝石安山岩から成り,中腹以上は開析が進み,けわしい山容を呈する。南の緩斜面で農業,養豚が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こもち‐やま【子持山】

群馬県渋川市と沼田市の境にある成層火山。赤城山と榛名(はるな)山の中間北側にあり、その間を吾妻川利根川が流れる。屏風(びょうぶ)岩・大黒岩(獅子岩)などの奇岩がある。名の由来は、山を周囲の尾根が子を抱いているように見えることから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕子持山(こもちやま)


群馬県中央部に噴出した古い成層火山。利根(とね)川と支流の吾妻(あがつま)川の間に位置する。標高1296m。浸食が進んでおり、南東側山腹にある高さ100mの大黒(だいこく)岩(獅子(しし)岩)は旧火口の溶岩塊が露出したものという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子持山
こもちやま

群馬県沼田(ぬまた)市と渋川(しぶかわ)市との境にある山。赤城(あかぎ)、榛名(はるな)両火山中間の北側にあるコニーデ型火山で、標高1296メートル。西の小野子(おのこ)山と隣接して双子火山をなし、前橋付近からの眺めがよい。『万葉集』にも「子持山若かえるでのもみつまで……」と詠まれている。おもに複輝石(ふくきせき)安山岩からなり、山頂に近い大黒(だいこく)岩(獅子(しし)岩)は険しく、溶岩流の東端は利根(とね)川に綾戸(あやど)峡谷をつくっている。南東斜面の末端部は軽石の層が厚く、養蚕とコンニャクイモの栽培が盛ん。西麓(せいろく)の中山峠(709メートル)は旧三国(みくに)街道の峠で、1981年(昭和56)上越新幹線の中山トンネルが貫通した。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子持山の関連キーワード群馬県渋川市有馬群馬県渋川市石原群馬県渋川市金井群馬県渋川市白井群馬県渋川市中郷群馬県渋川市南牧群馬県渋川市半田群馬県渋川市吹屋群馬県渋川市行幸田群馬県渋川市横堀

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone