コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子持山 こもちやま

4件 の用語解説(子持山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子持山
こもちやま

群馬県中部,沼田市南西端にある円錐 (コニーデ) 形火山。標高 1296m。西の小野子山と並んで双子火山をなす。複輝石安山岩から成り,中腹以上は開析が進み,けわしい山容を呈する。南の緩斜面で農業,養豚が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こもち‐やま【子持山】

群馬県渋川市と沼田市の境にある成層火山。赤城山と榛名(はるな)山の中間北側にあり、その間を吾妻川利根川が流れる。屏風(びょうぶ)岩・大黒岩(獅子岩)などの奇岩がある。名の由来は、山を周囲の尾根が子を抱いているように見えることから。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕子持山(こもちやま)


群馬県中央部に噴出した古い成層火山。利根(とね)川と支流の吾妻(あがつま)川の間に位置する。標高1296m。浸食が進んでおり、南東側山腹にある高さ100mの大黒(だいこく)岩(獅子(しし)岩)は旧火口の溶岩塊が露出したものという。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子持山
こもちやま

群馬県沼田(ぬまた)市と渋川(しぶかわ)市との境にある山。赤城(あかぎ)、榛名(はるな)両火山中間の北側にあるコニーデ型火山で、標高1296メートル。西の小野子(おのこ)山と隣接して双子火山をなし、前橋付近からの眺めがよい。『万葉集』にも「子持山若かえるでのもみつまで……」と詠まれている。おもに複輝石(ふくきせき)安山岩からなり、山頂に近い大黒(だいこく)岩(獅子(しし)岩)は険しく、溶岩流の東端は利根(とね)川に綾戸(あやど)峡谷をつくっている。南東斜面の末端部は軽石の層が厚く、養蚕とコンニャクイモの栽培が盛ん。西麓(せいろく)の中山峠(709メートル)は旧三国(みくに)街道の峠で、1981年(昭和56)上越新幹線の中山トンネルが貫通した。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone