泉佐野市(読み)いずみさの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泉佐野〔市〕
いずみさの

大阪府南西部,大阪湾岸から和泉山脈北斜面に広がる市。 1948年佐野町が名称変更して市制。 54年日根野 (ひねの) ,長滝 (ながたき) ,上之郷 (かみのごう) ,南中通,大土 (おおつち) の5村を編入。中心市街地の佐野は,中世,市場町として開け,近世には綿花,黒砂糖の集散地,および漁業の中心地として干鰯 (ほしか) 加工が盛んに行われ,有力な廻船問屋が輩出。明治以降は繊維工業都市となり,特にタオルの生産は全国1, 2位を争う。ほかに紡織用シャトル,木管の特産やワイヤロープ,スポーク,高圧電気用碍子などの工業がある。 63年以来臨海埋立地が造成され,水産食品コンビナートが立地。農村部では,溜池灌漑による米と裏作のタマネギを栽培。 94年,海岸線の沖合に関西国際空港とそれを結ぶ空港連絡橋,関西空港自動車道が完成,海岸部にりんくうジャンクション,阪和自動車道と結ぶジャンクションがそれぞれ完成して新しい空の玄関口となった。伝説で知られる犬鳴山と七宝滝寺,名刹慈眼院などがあり,慈眼院の多宝塔は国宝,金堂は重要文化財。面積 56.51km2。人口 10万966(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泉佐野市の関連情報