コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法医解剖 ホウイカイボウ

3件 の用語解説(法医解剖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうい‐かいぼう〔ハフイ‐〕【法医解剖】

法医学上の目的のために行う解剖。司法解剖行政解剖とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほういかいぼう【法医解剖】

司法解剖と行政解剖の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法医解剖
ほういかいぼう

法医学的目的のために行う解剖をいい、司法解剖行政解剖(準行政解剖を含む)とに分けられる。司法解剖は刑事訴訟法に基づいて行われるものである。司法検視の結果、犯罪に関係ある死体、もしくはその疑いのある死体について、死因、創傷の部位・程度、成傷器の種類・用法、死後経過時間、血液型、その他参考事項などを明らかにするために、鑑定を嘱託されて行うのが司法解剖であって、その結果は鑑定書として書面で嘱託者に報告される。なお、司法解剖においては、検察官または司法警察員による鑑定嘱託書、および裁判官発行の鑑定処分許可状を確認してから解剖に着手することになっている。
 行政解剖は、死体解剖保存法に基づいて監察医が行うものであって、その解剖結果は、所定の報告書をもって所轄警察署に報告される。なお、政令で定められた地以外の地域でも、犯罪死体、変死体を除く異常死体については、死体取扱い規則に基づいて死因などを究明する目的で、遺族の承諾による解剖が行われる(死体解剖保存法7条)。これを準行政解剖、承諾解剖と称する。
 法医解剖では、死体確認、死後経過時間の推定、外傷の部位・程度などを観察する外景検査がとくに重要であるが、外因死と病死との区別もまた重要で、諸臓器の肉眼的所見の確実な把握が必要とされる。また、法医解剖では諸検査の必要上、種々の資料を採取しなければならない。最小限必要と思われるものを列挙すれば、血液、胃内容、尿、血液、臓器片、腟(ちつ)内容などがあげられる。[船尾忠孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法医解剖の関連キーワード行政解剖司法解剖政治結社病理解剖解剖解剖祭検視と解剖行政・承諾解剖香川卓二中館久平

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法医解剖の関連情報