コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監察医 かんさつい medical examiner

翻訳|medical examiner

6件 の用語解説(監察医の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

監察医
かんさつい
medical examiner

感染症,中毒,災害などで死亡した疑いのある死体,死因の明らかでない死体などについて,死因を解明するために死体検案および解剖を行う医師。知事によって任命される。この制度はアメリカで確立され,日本には 1950年に取入れられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんさつ‐い【監察医】

不審死体の検案や解剖を行い、死因を解明することを任務とする医師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

監察医【かんさつい】

伝染病,中毒,災害による死亡の疑いのある死体その他死因の不明な死体を,死因究明のため検案,解剖する医師。政令で定める東京都区内および大阪,京都,横浜,名古屋,神戸,福岡の各市を管轄する知事が死体解剖保存法により任命。
→関連項目検視

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんさつい【監察医 medical examiner】

死体解剖保存法(1949)により,政令指定都市を管轄する都道府県知事は,その地域内において発生した伝染病,中毒または災害により死亡した疑いのある死体やその他死因の明らかでない死体の死因を明らかにさせるため,専門の医師を置くことができ,このような医師を監察医という。監察医は検案によっても死因を明らかにしえないときには解剖(行政解剖)することができる。ただし,変死体または変死の疑いのある死体では,刑事訴訟法229条の規定による検視のあとでなければ検案・解剖はできず,また鑑定のための解剖(司法解剖)が必要な場合には鑑定が優先する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんさつい【監察医】

変死体や原因不明の死体の死因を明らかにするため、検案や解剖を行う医師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

監察医
かんさつい

異常死体の検屍(けんし)や解剖を行う医師をいう。第二次世界大戦前、わが国では病理解剖、司法解剖、系統解剖は行われていたが、行政解剖は行われていなかった。戦後、日本の諸都市では浮浪者があふれ、伝染病が蔓延(まんえん)するなど著しい混乱と劣悪な社会環境を生じ、連合国最高司令部(GHQ)は公衆衛生の向上を図るため、死因不明の死体についてその死因を明らかにするための科学的な制度を早急に実施するよう政府に申し入れた。その結果、1947年(昭和22)1月に死因不明死体の死因調査に関する厚生省令が制定され、さらに49年6月に死体解剖保存法が制定されて主要都市に監察医制度が施行されるに至った。監察医はすべての異常死体の検案を行い、必要があれば剖検して死因の究明にあたっている。監察医の行う解剖を行政解剖と称している。また監察医には通常、法医学、病理学を専攻する医師が多い。[船尾忠孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の監察医の言及

【検死】より

…例えば,外因死(不慮の事故死・自殺・他殺など)と推定される死体や,外因死か病死か判断しがたい死体のほか,病死の可能性が高いが診療をまったく受けていないため生前の健康状態が医学的に明らかになっていないもの,診療を受けたことがあっても相当以前で,その後の病状が把握されていないもの,死因が不明のものなどである。これらの死体は監察医制度のしかれている地域では監察医が,その他の地域では一般臨床医が検死している。監察医は検死によって死因を明らかにしえない場合には解剖(行政解剖)することができるが,その他の地域ではほとんど解剖されないので,かなりの誤診があるものと推定されている。…

※「監察医」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

監察医の関連キーワード行政解剖検案古社寺保存法ガラス化保存法行政・承諾解剖死亡した胎児の取り扱い九州大学生体解剖事件国宝保存法死体解剖保存法人体解剖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

監察医の関連情報