法恩寺山古墳群(読み)ほうおんじやまこふんぐん

国指定史跡ガイドの解説

ほうおんじやまこふんぐん【法恩寺山古墳群】


大分県日田市日高にある古墳群。日田盆地東南の東西400mほどの丘陵上に所在する。7基の円墳からなり、4号墳を除いては開墾や盗掘による破損がみられるが、筑後川流域を代表する装飾古墳を含む古墳時代後期の古墳群として、1959年(昭和34)に国の史跡に指定。4号墳は径約13m、高さ約3.5m。主体部は、墳丘の中央に構築された横穴式石室で、玄室奥行き2.6m、幅2m、羨道(せんどう)部に近づくにつれて幅が徐々にせばまり、1.5mになる。副葬品は、鏡(変形五獣鏡)、武具、馬具、鈴雲珠(すずうず)、辻金具、装身具、須恵器(すえき)などが豊富に出土したことから、6世紀前半の築造と推定される。3号墳は墳丘をかなり失っているが早くから開口し、装飾古墳であることが知られており、径約20m、高さ約4mの円墳に復元される。主体部は前・後室と羨道からなる複室の横穴式石室で全長は8m。後室の奥壁に円文1個、その右壁に円文と同心文9個があり、前室の袖石の左側に人物と馬、右側に騎馬人物、袖石に同心円文、鳥、羨道よりの袖石には胴長の四足獣と円文が描かれており、後室と前室とで図柄が大きく異なっている。JR久大本線豊後三芳駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android