コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊後国風土記 ぶんごのくにふどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊後国風土記
ぶんごのくにふどき

豊後国 (大分県) に関する古代の地誌。1巻。和銅6 (713) 年の官命によってつくられた「古風土記」の一つ。現存するのは省略本とする説が多いが,記事のある地名だけを掲出し,原本の姿をほぼ伝えているとする説もある。成立は霊亀1 (715) 年以降,天平 12 (740) 年頃より前と推定される。肥前および逸文の九州諸国の風土記との共通性が非常に濃く,大宰府でまとめて編纂されたと考えられ,さらに『常陸国風土記』との共通性から天平4 (732) 年西海道節度使となった藤原宇合 (うまかい) の手元で成ったと考えられている。ほぼ純粋な漢文体で記され,内容的には景行天皇関係の伝承が多く,『日本書紀』の影響がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんごのくにふどき【豊後国風土記】

713年の詔により作られた風土記の一。一巻。732年以降に編述。豊後国八郡のぶんの抄本が残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊後国風土記
ぶんごのくにふどき

地誌。一巻。成立については、732~759年(天平4~天平宝字3)説ほか諸説がある。『日本書紀』によったためか、近似する文章が多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊後国風土記の関連キーワード国見(大分県)湯布院[町]豊国(九州)大分(市)ハクチョウ大分(県)豊後風土記丹生台地千町無田由布岳長者譚速津媛御食し豊前国抄本ぶん直入

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊後国風土記の関連情報