豊後国風土記(読み)ぶんごのくにふどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊後国風土記
ぶんごのくにふどき

豊後国 (大分県) に関する古代の地誌。1巻。和銅6 (713) 年の官命によってつくられた「古風土記」の一つ。現存するのは省略本とする説が多いが,記事のある地名だけを掲出し,原本の姿をほぼ伝えているとする説もある。成立は霊亀1 (715) 年以降,天平 12 (740) 年頃より前と推定される。肥前および逸文の九州諸国の風土記との共通性が非常に濃く,大宰府でまとめて編纂されたと考えられ,さらに『常陸国風土記』との共通性から天平4 (732) 年西海道節度使となった藤原宇合 (うまかい) の手元で成ったと考えられている。ほぼ純粋な漢文体で記され,内容的には景行天皇関係の伝承が多く,『日本書紀』の影響がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんごのくにふどき【豊後国風土記】

713年の詔により作られた風土記の一。一巻。732年以降に編述。豊後国八郡のぶんの抄本が残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊後国風土記
ぶんごのくにふどき

地誌。一巻。成立については、732~759年(天平4~天平宝字3)説ほか諸説がある。『日本書紀』によったためか、近似する文章が多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android