コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波止浜 はしはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

波止浜
はしはま

愛媛県北部,来島海峡にのぞむ港町。旧町名。 1955年今治市に編入。塩田跡に工場,住宅地などが造成されているほか湾頭には造船所が立地。また,湾口には海賊の城跡のある来島,第2次世界大戦時に要塞の砲台のあった小島がある。糸山公園は眼下に来島海峡を見おろす景勝地。一帯は名勝に指定されており,南にある近見山 (244m) とともに瀬戸内海国立公園に属する。本州四国連絡橋の1つ,来島海峡大橋が 99年に完成,西瀬戸自動車道で本州と結ばれた。 JR予讃線波止浜駅がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波止浜
はしはま

愛媛県中部、今治(いまばり)市の一地区。旧波止浜町。来島(くるしま)海峡に臨み、近世は風待ち・潮待ち港であった。また松山藩の波止浜塩田の地として知られた。現在、波止浜湾岸には県内最大の造船業地区があり、瀬戸内海の海運を基礎に発展した歴史をしのばせる。国道317号が通じ、JR予讃線波止浜駅がある。また、近くには西瀬戸自動車道の今治北インターチェンジがある。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の波止浜の言及

【今治[市]】より

…人口12万0214(1995)。東部は瀬戸内海の燧(ひうち)灘に,天然の良港波止浜(はしはま)のある北部は,来島(くるしま),小島,馬島などが点在する潮流の激しい来島海峡に面する。今治は今張とも記され,伊予国で最も早く開けた。…

※「波止浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

波止浜の関連キーワード愛媛県今治市波止浜長谷部九兵衛今治(市)矢野 橋村今治[市]片上 伸十州塩田田窪藤平片上伸波方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

波止浜の関連情報