コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥鰌・鰌 どじょう

1件 の用語解説(泥鰌・鰌の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

どじょう【泥鰌・鰌】

コイ目ドジョウ科に属する淡水魚の総称。日本にはドジョウ・シマドジョウ・ホトケドジョウ・アユモドキなど約10種がいる。
の一種。雄は全長約15センチメートル、雌は雄よりもやや大きい。体は細長い円筒形で、全身がぬるぬるする。体色は暗緑褐色で不規則な暗色斑があり、腹部は淡橙色。五対の口ひげがある。夏が旬。柳川鍋やながわなべ・蒲かば焼きなどとして食用にする。アジア大陸東部、日本各地に分布し、池沼や小川、水田などの泥底にすむ。オドリコ。タドジョウ。 〔店ののれんや看板には「どぜう」と書くこともあるが、中世後期の文献に「土長」「ドヂヤウ」の表記が見られることから、歴史的仮名遣いは「どぢやう」とされる〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone