泥鰌・鰌(読み)どじょう

大辞林 第三版の解説

どじょう【泥鰌・鰌】

コイ目ドジョウ科に属する淡水魚の総称。日本にはドジョウ・シマドジョウ・ホトケドジョウ・アユモドキなど約10種がいる。
の一種。雄は全長約15センチメートル、雌は雄よりもやや大きい。体は細長い円筒形で、全身がぬるぬるする。体色は暗緑褐色で不規則な暗色斑があり、腹部は淡橙色。五対の口ひげがある。夏が旬。柳川鍋やながわなべ・蒲かば焼きなどとして食用にする。アジア大陸東部、日本各地に分布し、池沼や小川、水田などの泥底にすむ。オドリコ。タドジョウ。 〔店ののれんや看板には「どぜう」と書くこともあるが、中世後期の文献に「土長」「ドヂヤウ」の表記が見られることから、歴史的仮名遣いは「どぢやう」とされる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どじょう どぢゃう【泥鰌・鰌】

[1] 〘名〙
① コイ目ドジョウ科の淡水魚。全長約二〇センチメートルに達する。体は細長い円柱状で、小さな鱗があるが、体はぬるぬるする。口は下面に開き、口辺に五対の口ひげをそなえる。尾びれは丸く、胸びれは雄の方が長く先端がとがる。背面は暗緑色で腹面は白色。泥の底にすみ、消化管の一部で空気呼吸し、有機物や小動物を食べる。日本各地から東アジア・東南アジアに分布。沼・湖・水田などに生息する。食用。〔壒嚢鈔(1445‐46)〕
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「かさねてはどぢゃうにてもあれ、はへにても候へ、かならずもって伺公いたさうずる」
② コイ目ドジョウ科に属する淡水魚の総称。ドジョウ・シマドジョウ・ホトケドジョウ・アジメドジョウ・アユモドキなどがある。ほとんどが食用となるが一般に柳川鍋・かば焼きなどにするのは①である。
※洒落本・曾我糠袋(1788)「(ドチャウ)が弁舌水の如くにして」
[補注]語源未詳で、歴史的かなづかいについても「どぢゃう」「どづを・どぢを」「どじゃう」「どじょう」「どぜう」などとする諸説があるが、「ぢ・じ」「ちゃう・ちょう」に発音の別が存した室町期の文献に「ドヂャウ」「土長」の表記がみられるところから、「どぢゃう」とする説に従う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android