コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流域管理システム りゅういきかんりシステム

3件 の用語解説(流域管理システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流域管理システム
りゅういきかんりシステム

低価格の外国産木材の輸入や後継者不足などによる林業の衰退に歯止めをかけるために実施されている事業。川の流域を一体化した森林整備,林業,加工・流通システムを再興しようというものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

流域管理システム

河川流域を単位として、民有林と国有林及び上流と下流の連携を図り、森林保全と木材の生産・流通・加工までの林業活動を有機的に実施しようとする仕組み。森林法に基づいて設定されている流域(計画区)単位に地方公共団体営林署森林組合、林業経営者、木材加工会社などによって設立される流域森林・林業活性化センター流域管理システムの中心的役割を担う。日本の林業が長期停滞傾向に陥っている一方で、地球規模の持続的な森林経営や国内森林の公益的機能の維持が課題となっていることが背景としてある。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

流域管理システム【りゅういきかんりシステム】

川の上流から下流までを一単位とし,その流域にある自治体,林業者,住民らが協力して上流の森林および林業を整備,育成しようとする施策。水資源の涵養など森林が持つ公益的な役割を下流の都市住民にも理解してもらい,これまで山村や林業従事者だけが担っていた森林整備に下流域の自治体や木材流通業者,木材加工業者らの参加を求めていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

流域管理システムの関連キーワード国有林官有林公有林民有林森林の流域管理システム林野庁が所管する国有林野地域森林計画国有林の地域別の森林計画一般民有林林業経営

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone