コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅田遺跡 あさだいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅田遺跡
あさだいせき

群馬県中部,渋川市にある遺跡。集落遺跡が出土した黒井峯遺跡の東約 3kmに位置する。 1997年土地改良のための地下レーダ探査によって発見され,1998年から本格的な発掘調査が始まった。縄文時代から古墳時代にかけての複合遺跡で,縄文時代の配石遺構の上に,水田跡や6基の円墳が見つかっている。円墳の築造直後と推定される5世紀後半から6世紀にかけて榛名山が噴火し,火山灰や軽石が一帯に降り積もったため,円墳全体が当時のままの形で残っている。なかでも直径約 20m,高さ約 2.5mの浅田3号墳は,埴輪を含む墳丘全体がほぼ完全な形で出土した全国初の例として話題を呼んだ。内部には河原石を積み上げた竪穴式石室がある。墳丘の頂上には直径約 8mの輪を描いて 40本の円筒埴輪が等間隔で並んでおり,埴輪列の東西南北にあたる位置にはそれぞれ1本ずつ朝顔形埴輪が,西の朝顔形埴輪の北隣には鶏形埴輪1体が発見された。また墳丘にはウマの蹄 (ひづめ) 跡が無数に残っていたことから,浅田一帯が古代のウマ産地で放牧が行なわれていたと推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

浅田遺跡の関連キーワード子持

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android