コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上交通センター かいじょうこうつうセンター

3件 の用語解説(海上交通センターの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

海上交通センター【かいじょうこうつうセンター】

船舶航行の激しい海峡,湾口,海域などで,航行する大型船舶の状況を正確に把握・分析し,管制・情報提供を行う海上保安庁の施設。東京湾海上交通センター備讃瀬戸海上交通センター,大阪湾海上交通センター,名古屋海上交通センター,来島海峡海上交通センターの5ヵ所がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海上交通センター

海上保安庁の一組織。関門海峡や東京湾、大阪湾、名古屋港など全国に7カ所ある。航路標識法や海上交通安全泡港則法などに基づき、レーダーなどで収集した船の動きや気象状況などをほかの船に伝えたり、大型船通過時は航行管制をしたりしている。

(2009-10-30 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海上交通センター
かいじょうこうつうせんたー

海難事故を未然に防止するため、船舶への情報提供と航行管制を一元的に行う海上保安庁の機関。海上交通安全法と港則法に基づき、船舶の航行が輻輳(ふくそう)する海峡や湾口などに設けられている。1977年(昭和52)に、初めて浦賀水道などの航行情報提供と航行管制を行う東京湾海上交通センター(神奈川県横須賀(よこすか)市)が設けられ、以降、2014年(平成26)1月時点で、伊勢(いせ)湾(愛知県田原(たはら)市)、名古屋港(名古屋市港区)、大阪湾(兵庫県淡路(あわじ)市)、備讃(びさん)瀬戸(香川県宇多津(うたづ)町)、来島(くるしま)海峡(愛媛県今治(いまばり)市)、関門海峡(北九州市門司(もじ)区)の合計7か所に設置されている。英語名のMarine Traffic Information Serviceの頭文字をとってマーチスMARTISとよばれることもある。大型船舶の航行や入・出港予定、船舶の混雑状況、レーダーやテレビカメラなどで確認した航行状況、気象・海象・海流の状況、海難事故、航行制限などの情報を24時間態勢で分析し、船舶無線やラジオ放送などで各船舶に提供して安全航行をうながしている。また各船舶から航路通報を受理するほか、視界不良時の航行制限の指示などの管制業務も行う。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海上交通センターの関連情報