コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来島海峡 くるしまかいきょう

7件 の用語解説(来島海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来島海峡
くるしまかいきょう

愛媛県北部,今治市高縄半島部と瀬戸内海に浮かぶ大島との間にある海峡。阪神と九州を結ぶ瀬戸内海航路の要地。美しい島嶼景観をもち,瀬戸内海国立公園に属する。海峡には五つの小島があり,大島と武志 (むし) 島の間,幅 600mを東水道,馬島と中渡島の間 430mを中水道,馬島,小島 (おしま) と四国島との間 870mを西水道といい,中水道,西水道が大型船の航路。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くるしま‐かいきょう〔‐カイケフ〕【来島海峡】

愛媛県今治と芸予諸島の大島との間にあって、安芸灘(あきなだ)燧灘(ひうちなだ)とを結ぶ海峡。潮流が速く、船舶航行の難所。平成11年(1999)に開通した瀬戸内しまなみ海道来島海峡大橋が架かる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

来島海峡【くるしまかいきょう】

愛媛県今治(いまばり)市と越智(おち)郡の大島の間の海峡。大小の島々で東・中・西各水道に分かれ,潮流最大8ノットに達する交通の難所であるが,古来の関門〜阪神間の要路で,尾道,三原などから今治へも連絡航路がある。
→関連項目潮流信号所吉海[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くるしまかいきょう【来島海峡】

愛媛県北部,今治市の北方,大島との間の海峡。瀬戸内海の中央に位置し,斎(いつき)灘と燧(ひうち)灘を結ぶが,また中国地方と四国を結ぶ最短航路でもあり,海上交通十字路となっている。海峡中には有人5島,無人6島があり,それらの島によって中水道,西水道,東水道,間(あい)の瀬の4水路に分かれる。潮流落差1m,最強流速6~8ノットの急潮流と岩礁のため海難事故が絶えない。1909年に中渡(なかと)島に日本初の潮流信号所が設置されたのをはじめ,現在灯台,灯標,灯浮標などで航行の安全をはかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くるしまかいきょう【来島海峡】

燧灘ひうちなだと安芸あき灘とを結ぶ海峡。潮流が速く、鳴門海峡とともに瀬戸内海第一の難所。世界初の三連吊橋、来島大橋が架かる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕来島海峡(くるしまかいきょう)


瀬戸内海の中部、愛媛県今治(いまばり)市の市街地北部と大(おお)島との間の海峡。最狭部は幅約3km。馬(うま)島など4つの島が点在し、中・東・西の3水道と来島瀬戸がある。岩礁と深部が複雑に入り組み、最高10ノット以上の潮流を生じる。燧灘(ひうちなだ)と安芸(あき)灘を結ぶ瀬戸内海航路の要衝で、航行船舶は1日800隻を超す。海上交通安全法により航路が設定されている。1999年(平成11)5月に竣工(しゅんこう)した来島海峡第1~第3大橋は世界初の三連吊り橋(全長4105m)で、本州四国連絡橋の尾道(おのみち)-今治ルート(国道317号、通称「しまなみ海道」、全ルート59.4km)が開通した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来島海峡
くるしまかいきょう

瀬戸内海の中西部、愛媛県の今治(いまばり)市と大島間、斎灘(いつきなだ)と燧(ひうち)灘との間にある海峡。中国地方と四国を結ぶ西の重要航路で、1日に1500隻もの船舶の航行がある。8~10ノットにも達する潮流があり船舶航行の難所で、海難事故も多い。潮流が速く、複雑な変化をするのは島の分布や海底地形が関係し、鳴門(なると)海峡、関門海峡と並んで有名である。船舶の航行は特定水域航行令(1952)により一方交通方式がとられる。水路のうち中水道(馬(うま)島と中渡(なかと)島の間で、水道の幅450メートル)では順潮航行、西水道(小島と馬島間、870メートル)では逆潮航行が行われ、東水道(武志(むし)島と大島間、600メートル)は暗礁が多く大型船の航行は不能である。海峡には安全航行のため灯台8、灯標5、灯浮標4、中渡島には潮流変化を表示する潮流信号所などがある。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

来島海峡の関連キーワード大三島今治今治港今治湯ノ浦温泉いまばりゆるきゃら バリィさん今治市大三島美術館今治[市]愛媛県今治市今治村愛媛県今治市関前愛媛県今治市長沢

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

来島海峡の関連情報