コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来島海峡 くるしまかいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来島海峡
くるしまかいきょう

愛媛県北部,今治市高縄半島部と瀬戸内海に浮かぶ大島との間にある海峡。阪神と九州を結ぶ瀬戸内海航路の要地。美しい島嶼景観をもち,瀬戸内海国立公園に属する。海峡には五つの小島があり,大島と武志 (むし) 島の間,幅 600mを東水道,馬島中渡島の間 430mを中水道,馬島,小島 (おしま) と四国島との間 870mを西水道といい,中水道,西水道が大型船の航路。最強の潮流は 10ノット (18.5km/h) にも及び,大浜,中渡島,津島の3地点に潮流信号所を設け航路規制をしているが,大型船の海難事故が絶えない。来島には来島城跡,小島には第2次世界大戦時の小島要塞跡がある。本州四国連絡橋の一つ,来島海峡大橋が 1999年5月に完成,武志島,馬島を通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

来島海峡【くるしまかいきょう】

愛媛県今治(いまばり)市と越智(おち)郡の大島の間の海峡。大小の島々で東・中・西各水道に分かれ,潮流最大8ノットに達する交通の難所であるが,古来の関門〜阪神間の要路で,尾道,三原などから今治へも連絡航路がある。
→関連項目潮流信号所吉海[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くるしまかいきょう【来島海峡】

愛媛県北部,今治市の北方,大島との間の海峡。瀬戸内海の中央に位置し,斎(いつき)と燧(ひうち)灘を結ぶが,また中国地方と四国を結ぶ最短航路でもあり,海上交通十字路となっている。海峡中には有人5島,無人6島があり,それらの島によって中水道,西水道,東水道,間(あい)の瀬の4水路に分かれる。潮流落差1m,最強流速6~8ノットの急潮流と岩礁のため海難事故が絶えない。1909年に中渡(なかと)島に日本初の潮流信号所が設置されたのをはじめ,現在灯台,灯標灯浮標などで航行の安全をはかっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くるしまかいきょう【来島海峡】

燧灘ひうちなだと安芸あき灘とを結ぶ海峡。潮流が速く、鳴門海峡とともに瀬戸内海第一の難所。世界初の三連吊橋、来島大橋が架かる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕来島海峡(くるしまかいきょう)


瀬戸内海の中部、愛媛県今治(いまばり)市の市街地北部と大(おお)島との間の海峡。最狭部は幅約3km。馬(うま)島など4つの島が点在し、中・東・西の3水道と来島瀬戸がある。岩礁と深部が複雑に入り組み、最高10ノット以上の潮流を生じる。燧灘(ひうちなだ)と安芸(あき)灘を結ぶ瀬戸内海航路の要衝で、航行船舶は1日800隻を超す。海上交通安全法により航路が設定されている。1999年(平成11)5月に竣工(しゅんこう)した来島海峡第1~第3大橋は世界初の三連吊り橋(全長4105m)で、本州四国連絡橋の尾道(おのみち)-今治ルート(国道317号、通称「しまなみ海道」、全ルート59.4km)が開通した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来島海峡
くるしまかいきょう

瀬戸内海の中西部、愛媛県の今治(いまばり)市と大島間、斎灘(いつきなだ)と燧(ひうち)灘との間にある海峡。中国地方と四国を結ぶ西の重要航路で、1日に1500隻もの船舶の航行がある。8~10ノットにも達する潮流があり船舶航行の難所で、海難事故も多い。潮流が速く、複雑な変化をするのは島の分布や海底地形が関係し、鳴門(なると)海峡、関門海峡と並んで有名である。船舶の航行は特定水域航行令(1952)により一方交通方式がとられる。水路のうち中水道(馬(うま)島と中渡(なかと)島の間で、水道の幅450メートル)では順潮航行、西水道(小島と馬島間、870メートル)では逆潮航行が行われ、東水道(武志(むし)島と大島間、600メートル)は暗礁が多く大型船の航行は不能である。海峡には安全航行のため灯台8、灯標5、灯浮標4、中渡島には潮流変化を表示する潮流信号所などがある。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

来島海峡の関連キーワード海上交通センター海上交通安全法本四連絡橋永納山城跡宮地鐵工所今治(市)バリィさん今治[市]三原瀬戸鳴門海峡波止浜来島氏大潮荘安芸灘大角鼻今治港波方要衝燧灘吉海

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来島海峡の関連情報