コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海気相互作用 かいきそうごさよう

2件 の用語解説(海気相互作用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいきそうごさよう【海気相互作用】

大気と海洋の間の相互作用。狭義には海面を通してエネルギー,運動量などの物理量や水,二酸化炭素などの物質を大気と海洋の間で交換することであるが,広義にはそれに起因して大気と海洋が相互に影響を及ぼし合う諸過程を包含し,大気・海洋相互作用ともいわれる。地球規模でみると太陽放射エネルギーは大気中を透過し,その大部分は海洋に吸収されて蓄えられ,徐々に熱や水蒸気の蒸発による潜熱として海洋から大気へ輸送される。地球表面の71%は海面であり,地球大気の300倍の質量をもつ海洋は大気に対して巨大な貯水槽,貯熱槽としての役割を果たしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海気相互作用
かいきそうごさよう
air-sea interaction

海洋と大気との間における気象学的、海洋学的相互作用のこと。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海気相互作用の関連キーワード遠隔作用海洋学相互作用強い相互作用フェルミ相互作用電磁栄養素間相互作用ズール‐中村相互作用体積排除効果ファンデルワールス‐ロンドンの相互作用

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone