コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海気相互作用(読み)かいきそうごさよう

世界大百科事典 第2版の解説

かいきそうごさよう【海気相互作用】

大気と海洋の間の相互作用。狭義には海面を通してエネルギー,運動量などの物理量や水,二酸化炭素などの物質を大気と海洋の間で交換することであるが,広義にはそれに起因して大気と海洋が相互に影響を及ぼし合う諸過程を包含し,大気・海洋相互作用ともいわれる。地球規模でみると太陽放射エネルギーは大気中を透過し,その大部分は海洋に吸収されて蓄えられ,徐々に熱や水蒸気の蒸発による潜熱として海洋から大気へ輸送される。地球表面の71%は海面であり,地球大気の300倍の質量をもつ海洋は大気に対して巨大な貯水槽,貯熱槽としての役割を果たしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海気相互作用
かいきそうごさよう
air-sea interaction

海洋と大気との間における気象学的、海洋学的相互作用のこと。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android