コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消泡剤

3件 の用語解説(消泡剤の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

消泡剤

 食品の製造過程などで,泡が生じ作業に支障をきたす場合があるが,そのときに泡を消す目的で加える物質.アルコール,油,シリコン樹脂など.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうほうざい【消泡剤 antifoaming agent】

発泡を抑制する抑泡作用,または生じた泡を破壊する破泡作用をもつ薬剤。界面活性剤の一群。発泡は,食品・発酵工業,製紙・繊維工業,塗料・高分子工業などの合成や製品処理の過程で操作上のトラブルとなることが多く,また最近は都市廃水処理等でも問題となっている。このように発泡は多様な分野で起こり,その形態も異なるため,消泡の操作もそれぞれの場合に適した処理がなされる。発泡の原理は,まず液体中に気泡が生じたときその気液界面で起泡液の単分子膜ができ,それが液表面に押し出された際に,液面に配向する表面配向分子膜と合わせて二分子配向膜を形成し,これが泡を安定化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消泡剤
しょうほうざい
antifoaming agent

製紙、繊維、染色、金属、塗料、発酵その他諸工業で問題となる発泡を防止する効果をもつ薬剤で、効果が一時的な破泡剤と、持続性の抑泡剤に分けられる。炭素数の少ない低級アルコール類は破泡効果はよいが、液中に溶解後は作用しない。抑泡剤としては液に溶解しない揮発性の大きい油状物が望ましく、2-エチルヘキサノール、ジイソオクチルエーテルのような有機極性化合物ソルビタンエステル類(Span20, 85など)、プルロニックL-61のような低親水性界面活性剤、脂肪酸金属塩を添加した鉱物油、シリコーン油などが用いられている。とくにシリコーン系消泡剤は微量の添加で優れた破泡性、抑泡性を示す。[岡原光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消泡剤の関連キーワードグリッド発泡プラスチックアブシジン酸泡を食う口角泡を飛ばす泡を吹かす発泡樹脂抗発がん物質食欲抑制剤静菌作用

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消泡剤の関連情報