コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淫/婬 イン

デジタル大辞泉の解説

いん【淫/×婬】

性欲。色欲。また、みだらであること。「―にふける」
精液。
「不浄の―付きて染みたり」〈今昔・一七・四五〉

いん【淫】[漢字項目]

常用漢字] [音]イン(呉)(漢) [訓]みだら
(「婬(いん)」と通用)みだらな性的関係にふける。「淫行淫蕩(いんとう)淫奔淫乱淫猥(いんわい)姦淫(かんいん)荒淫邪淫手淫多淫
物事に深入りする。度が過ぎる。「淫雨書淫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

淫/婬の関連キーワードヴェロニカ ハートアダルトグッズ張り形・張形イランイラン関雎の楽しみヨヒンビン長谷川和彦紅沢 葉子沙弥十戒派手やか淫祠邪教肥後芋茎一生不犯四つ目屋青木弘安近藤芳樹波羅夷八斎戒張得天長命丸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android