コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深大寺 ジンダイジ

百科事典マイペディアの解説

深大寺【じんだいじ】

東京都調布市深大寺元町にある天台宗の寺。奈良時代に満功上人が法相宗の寺として開創し,平安初期に天台宗になる。本尊の金銅釈迦如来倚像(いぞう)は白鳳(はくほう)時代の傑作。
→関連項目調布[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

深大寺

東京都調布市にある寺院。733年創建。天台宗別格本山。本尊は阿弥陀如来だるま市で有名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんだいじ【深大寺】

東京都調布市にある天台宗の寺。山号は浮岳山。寺伝によれば,733年(天平5)満功上人の開基とされる。満功は福満童子が水神深沙大王(深沙大将)に助けられ,武蔵柏野の里の長者の家に入婿して生まれた子で,後に法相宗の奥旨を極めたと伝える。寺地は武蔵野台地の谷に位置しており,多くの湧泉が周囲にあることからこうした水神説話が生まれた。創建当初,宗旨は法相宗であったが,貞観年間(859‐877)恵亮が住持のときに天台宗に改宗した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じんだいじ【深大寺】

東京都調布市にある天台宗の寺。もと、法相宗。山号、浮岳山。733年満功の開創。寺宝の釈迦倚像は白鳳時代の作ともいわれ、金銅仏の傑作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の深大寺の言及

【満功】より

曾我兄弟の母の名。または東京都調布市の深大(じんだい)寺など,各地の霊山の開基の僧の名。マンコウは満行(江,紅),万劫(公)などとも書く。…

※「深大寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

深大寺の関連キーワード海上・港湾・航空技術研究所東京都調布市深大寺元町航空宇宙技術研究所交通安全環境研究所自動車技術総合機構日本のおもな植物園消防研究センター深大寺(地区)電子航法研究所深大寺(寺)神代植物公園東京都調布市中西 悟堂深大寺蕎麦調布(市)笠置 季男深大寺城跡富沢松之助東京(都)六阿弥陀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深大寺の関連情報