コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水哲男 しみずてつお

百科事典マイペディアの解説

清水哲男【しみずてつお】

詩人。東京都生れ。京大文学部卒。詩人清水昶は弟。編集者生活を経て,ラジオのディスクジョッキーなどを務める。大学在学中に大野新らと《ノッポとチビ》を創刊詩集喝采》を刊行。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水哲男 しみず-てつお

1938- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
昭和13年2月15日生まれ。清水昶(あきら)の兄。昭和37年大野新らと「ノッポとチビ」を創刊。38年「喝采」で注目される。50年「水甕(みずがめ)座の水」でH氏賞,61年「東京」で詩歌文学館賞,平成6年「夕陽に赤い帆」で萩原朔太郎賞。社会状況や風俗に機敏に反応する柔軟性をもつ。ほかに評論やエッセイが多数ある。18年「黄燐(おうりん)と投げ縄」で第1回三好達治賞。東京出身。京大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水哲男
しみずてつお
(1938― )

詩人。東京生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。在学中に大野新(1928―2010)や有馬敲(ありまたかし)(1931― )らと詩誌『ノッポとチビ』を創刊。以降、旺盛に詩作に励む。卒業後は文芸誌の編集者を経て、文筆業に専念する。美術・映画・スポーツ・芸能と幅広い分野で著述活動を行う。また、ラジオ番組のパーソナリティーとしても活躍している。京都大学在学中に、第一詩集『喝采』(1963)を刊行し、新しい抒情詩人の誕生と絶賛される。その後、清水が「水の詩人」と称されるきっかけとなった詩集『水の上衣』(1970)を発表する。1974年(昭和49)に『水甕座(みずがめざ)の水』でH氏賞を受賞し、「清水哲男ほど現代の情を繊細華麗に抒(の)べる詩人はいない」(大野新)と評価されることとなる。
 その後も、アニメのキャラクターを作品の主人公として登場させ、斬新なパロディー手法でその一つ一つを詩にまとめあげた『スピーチバルーン』(1975)や、『野に、球』(1977)、『雨の日の鳥』(1978)、『東京』(1985。詩歌文学館賞)、『緑の小函(こばこ)』(1997)などの詩集を刊行し、辻征夫(ゆきお)(1939―2000)と並んで抒情詩の旗手として活躍した。詩集『夕陽に赤い帆』(1994)では、透徹した哲学的な視線で日常やこれまでの半生、老いの心境などを見据えながらも、清水ならではの軽妙で現代的な文体が素晴らしい達成を見せ、萩原朔太郎賞と土井晩翠賞とを同時に受賞することとなり、話題をさらった。
 探求的だがどこか軽快な詩精神は、文章にも独特の明るさとリズムとを生み、『今朝の一句』(1989)、『現代詩つれづれ草』(1993)、『詩に踏まれた猫』(1998)、『さらば、東京巨人軍。』(2001)などのエッセイや評論集など多数の著作を刊行している。
 90年代後半からインターネットに詩人としていち早く取り組んでいる。詩作のかたわら続けてきた句作を『匙(さじ)洗う人』(1991)という句集にまとめて話題を集めたこともある。清水の、その俳句への情熱を語りながら、一日一句を紹介するサイト「増殖する俳句歳時記」で数多くのファンを獲得している。[和合亮一]
『『喝采』(1963・文童社) ▽『水の上衣』(1970・赤ポスト) ▽『水甕座の水』(1974・紫陽社) ▽『スピーチバルーン』(1975・思潮社) ▽『野に、球』(1977・紫陽社) ▽『雨の日の鳥』(1978・アディン書房) ▽『東京』(1985・書肆山田) ▽『匙洗う人』(1991・思潮社) ▽『現代詩つれづれ草』(1993・新潮社) ▽『夕陽に赤い帆』(1994・思潮社) ▽『緑の小函』(1997・書肆山田) ▽『詩に踏まれた猫』(1998・出窓社) ▽『さらば、東京巨人軍。』(2001・新潮社) ▽『清水哲男詩集』『続・清水哲男詩集』(現代詩文庫) ▽清水哲男選『今朝の一句』(1989・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清水哲男の関連キーワード水甕座の水評論家

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android