コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水藤太郎 しみず とうたろう

2件 の用語解説(清水藤太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水藤太郎 しみず-とうたろう

1886-1976 大正-昭和時代の薬学者。
明治19年3月30日生まれ。仙台医専薬学科長佐野義職(よしもと)の助手をしながら薬学,語学をおさめ,明治38年薬剤師試験に合格。昭和4年帝国女子医専(現東邦大)教授となる。29年日本薬史学会を創立。国際薬史学アカデミー会員。昭和51年3月1日死去。89歳。宮城県出身。旧姓は長尾。著作に「日本薬学史」「和漢薬」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水藤太郎
しみずとうたろう
(1886―1976)

薬学者。薬学博士。仙台市出身。仙台医学専門学校で佐野義職(よしもと)に師事、薬学を研究した。日本および世界薬局方に精通、薬学ラテン語の先駆者。のち漢方大家の湯本求真(きゅうしん)(1876―1941)の高弟。1929年(昭和4)帝国女子医学薬学専門学校(東邦大学の前身)教授を経て、1949年東邦大学薬学部教授となり、83歳まで務めた。また横浜で薬局を開業、多年にわたり神奈川県薬剤師会会長として県民の保健、医薬分業の推進に努め、明治初期に日本の薬学の振興に努めたオランダ人ヘールツの顕彰に尽力した。中央薬事審議会委員、正倉院薬物調査員などを歴任。世界薬史学会アカデミー会員。1954年日本薬史学会を創立、学術誌『薬局』を創刊(1949)した。著書に『日本薬局方五十年史』(1936)、『日本薬学史』(1949)、『薬剤学』(1952)、『明治前薬物学史・薬物需給史』第1巻(1957)、『漢方診療医典』(共著・1969)、『和漢薬索引』2巻(1975)など60冊がある。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水藤太郎の関連キーワード落合英二伊藤四十二上尾庄次郎亀谷哲治武田二郎辰野高司富田真雄伴義雄村山義温米倉昌達

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone