コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

當麻 たいま

2件 の用語解説(當麻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

當麻
たいま

奈良県北西部,葛城市北部の旧町域。金剛山地東麓にある。 1966年町制。 2004年南に接する新庄町と合体し葛城市となる。かつては二上山の山麓にある当麻寺の寺領で,当麻郷とも呼ばれ,古代の官道竹ノ内街道が横切る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

當麻
たいま

奈良県北西部、北葛城(きたかつらぎ)郡にあった旧町名(當麻町(ちょう))。現在は葛城(かつらぎ)市の北部を占める一地区。1966年(昭和41)町制施行。2004年(平成16)新庄(しんじょう)町と合併、市制施行して葛城市となる。旧町域は、金剛(こんごう)山地の二上(にじょう)山・岩橋山東麓(とうろく)から奈良盆地の一隅を占める。大阪府と接し、近畿日本鉄道南大阪線・御所(ごせ)線、国道165号、166号、168号が通じ、南阪奈道路の葛城インターチェンジがある。二上山の南麓、大阪府との境にある竹内(たけのうち)峠は、古代の官道(江戸時代の竹内街道)が通じ、大和(やまと)と河内(かわち)を結ぶ要地であった。二上山一帯は金剛生駒紀泉(こんごういこまきせん)国定公園域。農業が主体で、米作のほか野菜・花卉(かき)栽培が盛ん。とくにキク栽培は有名。アイリス、スイセン、庭木などもある。工業では靴下製造が盛ん。二上山麓の當麻(たいま)寺は、東西両三重塔、本堂、本尊の塑像弥勒仏坐像(みろくぶつざぞう)、綴織(つづれおり)當麻曼荼羅(たいままんだら)図、當麻曼荼羅厨子、梵鐘、倶利伽羅竜蒔絵経箱(奥院所有)の国宝8件をはじめ、中之坊庭園(史跡・名勝)ほか数多くの重要文化財などを有する古刹(こさつ)で、5月14日には中将(ちゅうじょう)姫ゆかりの練供養会式(ねりくようえしき)が行われる。また、北方の石光(せっこう)寺とともにボタンの名所として知られ、訪れる観光客が多い。當麻は相撲(すもう)の開祖とされる當麻蹶速(けはや)ゆかりの地で、市立博物館の相撲館「けはや座」がある。[菊地一郎]
『『當麻町史』(1976・當麻町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

當麻の関連キーワード葛城葛下川葛城川奈良県葛城市忍海奈良県葛城市北花内奈良県葛城市北道穂穗奈良県葛城市染野當麻〈町〉奈良県葛城市薑奈良県葛城市兵家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

當麻の関連情報