コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清瀬市 きよせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清瀬〔市〕
きよせ

東京都西部,埼玉県に接する市。 1954年町制,1970年市制施行。武蔵野台地の一角を占め,米作畑作を主とする純農村であったが,第2次世界大戦後,宅地化が進展。特に,1960年代以降,旭ヶ丘団地をはじめ,多くの住宅団地が建設され,東京の近郊住宅地となっている。市域南西部は結核療養所が多いところとして知られ,療養所,病院,研究所が集中している。西武鉄道池袋線が通る。面積 10.23km2。人口 7万4864(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きよせ‐し【清瀬市】

清瀬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

清瀬市の関連キーワード国立国際医療研究センターTYOアニメーションズ労働安全衛生総合研究所小児総合医療センター東京都清瀬市下清戸東京都清瀬市中清戸東京都清瀬市旭が丘東京都清瀬市上清戸労働者健康安全機構東京都清瀬市下宿気象衛星センター日本社会事業大学東京都清瀬市中里東京都清瀬市元町東京都清瀬市梅園東京都清瀬市松山東京都清瀬市竹丘東京都清瀬市野塩国立看護大学校多摩六都科学館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清瀬市の関連情報