コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清里高原 きよさとこうげん

4件 の用語解説(清里高原の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きよさとこうげん【清里高原】

山梨県北西部、八ヶ岳山麓にある高原。海抜1000~1400メートル。酪農・高冷地農業地帯であったが、近年観光化が著しい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清里高原【きよさとこうげん】

山梨県北巨摩(きたこま)郡高根町(現・北杜市),八ヶ岳南東麓の標高900〜1500mの高原。一帯は戦後開拓された念場ヶ原と呼ぶ農業地域であるが,小海線清里駅を中心に保養地,行楽地となった。
→関連項目小淵沢[町]高根[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きよさとこうげん【清里高原】

山梨県北西部,八ヶ岳南東麓の標高1000~1400mにある高原。北巨摩(きたこま)郡高根町と大泉村にまたがり,標高1543mの小丘美し森を含めていう。1935年国鉄(現JR)小海線が開通して清里駅(標高1274m。隣の野辺山駅に次ぐ日本第2の高さ)が設けられ,第2次世界大戦後開拓団が入植して,高冷地農業が始められた。またアメリカ人ポール・ラッシュの建設した日本聖アンデレ同胞会の清泉寮と清里農村センターを中心に観光地として発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕清里高原(きよさとこうげん)


山梨県北杜(ほくと)市北部、八ヶ(やつが)岳南東麓(なんとうろく)のゆるやかな斜面一帯をいう。美森(うつくしもり)山(標高1542m)の小丘がその中心。野外音楽堂・キャンプ場・テニスコートなどの施設が整う一大レジャー地・避暑地。JR小海(こうみ)線清里駅を中心にペンション・別荘が集中する。美森山はスズランツツジの名所で、甲府盆地を一望できる。八ヶ岳高原ライン・国道141号が通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清里高原の関連キーワード赤岳清里道志川八ヶ岳軽井沢八ヶ岳・八ヶ嶽大泉高原八ヶ岳リゾートアウトレット長坂[町]大泉[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清里高原の関連情報