小淵沢(読み)こぶちさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小淵沢
こぶちさわ

山梨県北西部,北杜市北西部の旧町域。八ヶ岳の南斜面にある。 1954年小淵沢村と篠尾村が合体し町制。 2006年北杜市に編入地名は小淵と呼ばれる小さな池があることにちなむ。中心集落は火山灰土に覆われた標高約 1000mの高原にある。かつては山麓での米作養蚕を主産業としたが,第2次世界大戦後,開拓地が設立され,酪農,高原野菜の栽培が取り入れられた。八ヶ岳や清里の入口として観光開発が進められている。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小淵沢
こぶちさわ

山梨県北西隅、北巨摩(きたこま)郡にあった旧町名(小淵沢町(ちょう))。現在は北杜(ほくと)市の北西部を占める。1954年(昭和29)小淵沢村と篠尾(しのお)村が合併して町制施行。2006年(平成18)北杜市に編入。旧小淵沢町域は北西は長野県富士見町に接する。八ヶ岳(やつがたけ)の南西麓(ろく)にあり、集落は標高700メートルから1000メートルにわたって点在する。第二次世界大戦前は米作、養蚕を主とする農業であったが、大戦後開拓地が設けられ、養蚕にかわって高原野菜、酪農などが取り入れられた。しかし、JR中央本線と小海(こうみ)線の分岐点にあたり、また中央自動車道のインターチェンジができてからは、高冷地、景勝地であることから観光地化が進み、多くの民宿や別荘地が設けられるようになった。電子工業の進出もみられる。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小淵沢の関連情報