コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋章学 もんしょうがくheraldry

翻訳|heraldry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紋章学
もんしょうがく
heraldry

紋章の起源,構成,図柄,色彩などを研究し,中世社会文化史を解明する学問。中世の騎士社会においては王侯騎士が用いる紋章を弁別し,文書伝達や儀式の先導をつとめるヘラルド (紋章官) が紋章に関する専門知識をもっていた。 14世紀以後法律家や聖職者によって紋章の学問的研究が始められ,ドイツ,フランスで盛んになった。 17世紀の神学者 P.シュペーナーは紋章の歴史的考察と分類によって近代紋章学の基礎を確立,18世紀初頭にベルリン貴族学校,次いでライプチヒ大学に紋章講座が設けられた。日本では沼田頼輔の『日本紋章学』が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

もんしょうがく【紋章学】

氏族・家・団体などの紋章を分類・整理・記述し、それらの意義・由来を明らかにする学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紋章学の関連キーワードキング(Gregory King)ゾンネンシュターンルフェーブル恩賜賞受賞者沼田 頼輔澁澤 龍彦渋沢竜彦澁澤龍彦キング整理国旗図像氏族団体

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android