渋沢財閥(読み)しぶさわざいばつ

百科事典マイペディアの解説

渋沢財閥【しぶさわざいばつ】

渋沢栄一の創立した第一銀行を中心とする企業で形成,渋沢同族会社を中核として第1次大戦前後に著しく発展,傘下(さんか)に石川島造船・沖電気などを擁し,古河・浅野両財閥にも融資した。しかし日中戦争前後からの戦時経済体制に立ち遅れ,1943年第一銀行が三井銀行合併(帝国銀行)したため,財閥としての独自性を失った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぶさわざいばつ【渋沢財閥】

渋沢栄一・敬三の経営支配下にあった事業群を渋沢財閥とよぶ。渋沢栄一は1873年大蔵省を退官し,第一国立銀行(のちの第一銀行)総監役に就任,ついで75年から1916年まで頭取を務めながら,日本資本主義の指導者かつ財界の世話役として,多数の近代産業企業の設立・育成に関与した。彼が発起人,株主,重役などとして関係をもった企業は王子製紙,大阪紡績,東京電灯をはじめとして総計約500社にのぼるといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android