コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢財閥 しぶさわざいばつ

百科事典マイペディアの解説

渋沢財閥【しぶさわざいばつ】

渋沢栄一の創立した第一銀行を中心とする企業で形成,渋沢同族会社を中核として第1次大戦前後に著しく発展,傘下(さんか)に石川島造船・沖電気などを擁し,古河・浅野両財閥にも融資した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぶさわざいばつ【渋沢財閥】

渋沢栄一・敬三の経営支配下にあった事業群を渋沢財閥とよぶ。渋沢栄一は1873年大蔵省を退官し,第一国立銀行(のちの第一銀行)総監役に就任,ついで75年から1916年まで頭取を務めながら,日本資本主義の指導者かつ財界の世話役として,多数の近代産業企業の設立・育成に関与した。彼が発起人,株主,重役などとして関係をもった企業は王子製紙,大阪紡績,東京電灯をはじめとして総計約500社にのぼるといわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

渋沢財閥の関連キーワード第一銀行[株]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android