コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減極剤 ゲンキョクザイ

3件 の用語解説(減極剤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんきょく‐ざい【減極剤】

電池や電解槽での反応に際して起こる分極を減らす物質。分極は主として電極に生じる水素によって起こるため酸化剤が用いられる。乾電池二酸化マンガン空気電池酸素など。復極剤。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんきょくざい【減極剤】

電池などを放電する際、正極に発生する水素によって生じる起電力低下の現象(分極)を抑制するための酸化剤。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

減極剤
げんきょくざい
depolanizer

電極における分極を減少させる物質を減極剤という。電池反応(化学反応の一種)で電流を外部に取り出すと、その反応がおこった結果として、電極の近傍には反応生成物が蓄積し、引き続き反応がおこるのを妨げる分極(逆起電力)を生ずる。したがって、連続して電流を取り出すためには、こういう反応生成物を絶えず取り除かなければならない。そのために加える物質を減極剤または復極剤といい、この過程を減極または復極という。たとえば、二酸化マンガン乾電池の場合、正極(炭素)、負極(亜鉛)でおこる基本反応は、
  正極 2H++2e-→H2 (1)
  負極 Zn→Zn2++2e- (2)
であるが、正極で発生する水素をそのままにしておけば、反応を妨げ起電力を低下させるので、二酸化マンガンを炭素電極の周りに置いて酸化して水にする。この場合、二酸化マンガンが減極剤である。また負極には、生成してくるZn2+を除去するために塩化アンモニウムをペースト状にして用いる。負極での反応は、
  H2+2MnO2→Mn2O3H2O
であり、電池内での全反応は、
  Zn+2MnO2+2NH4Cl
   →Mn2O3H2O+[ZnCl2(NH3)2]
である。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

減極剤の関連キーワードカソード光分解電解槽電気分解アノード電解液電槽酸化的脱アミノ反応電解分析電解分極

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone