減極剤(読み)ゲンキョクザイ

大辞林 第三版の解説

げんきょくざい【減極剤】

電池などを放電する際、正極に発生する水素によって生じる起電力低下の現象(分極)を抑制するための酸化剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

減極剤
げんきょくざい
depolanizer

電極における分極を減少させる物質を減極剤という。電池反応(化学反応の一種)で電流を外部に取り出すと、その反応がおこった結果として、電極の近傍には反応生成物が蓄積し、引き続き反応がおこるのを妨げる分極(逆起電力)を生ずる。したがって、連続して電流を取り出すためには、こういう反応生成物を絶えず取り除かなければならない。そのために加える物質を減極剤または復極剤といい、この過程を減極または復極という。たとえば、二酸化マンガン乾電池の場合、正極(炭素)、負極(亜鉛)でおこる基本反応は、
  正極 2H++2e-→H2 (1)
  負極 Zn→Zn2++2e- (2)
であるが、正極で発生する水素をそのままにしておけば、反応を妨げ起電力を低下させるので、二酸化マンガンを炭素電極の周りに置いて酸化して水にする。この場合、二酸化マンガンが減極剤である。また負極には、生成してくるZn2+を除去するために塩化アンモニウムをペースト状にして用いる。負極での反応は、
  H2+2MnO2→Mn2O3H2O
であり、電池内での全反応は、
  Zn+2MnO2+2NH4Cl
   →Mn2O3H2O+[ZnCl2(NH3)2]
である。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android