コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺清 わたなべ きよし

1件 の用語解説(渡辺清の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

渡辺清

江戸後期の画家。尾張生。別号に周渓・雪朝。初め狩野派を学ぶが、のち土佐光貞田中訥言に就き、復興大和派の画家として知られた。文久元年(1861)歿、84才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典内の渡辺清の言及

【田中訥言】より

…師の没後は嗣子光孚(みつざね)の後見役を果たし,名古屋を中心に活躍した。色彩に関する古典研究《色のちくさ》(1818)を著し,その門から浮田一蕙,渡辺清(1778‐1861)らが出た。眼病に苦しみ,失明を苦に自殺したとも伝えられる。…

【復古大和絵派】より

…江戸後期から幕末に活躍した田中訥言(とつげん)とその門人浮田一蕙,渡辺清(1778‐1861),訥言に私淑した岡田為恭(ためちか)らの画家を指していう。大和絵の原典に接してその模写を精力的に行い,土佐派住吉派ら既存の大和絵流派にとらわれず,源流をさかのぼって古典に規範を求め,活力ある大和絵の創造を試みたことに特色がある。…

※「渡辺清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺清の関連情報