コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺祐策 わたなべ ゆうさく

2件 の用語解説(渡辺祐策の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺祐策 わたなべ-ゆうさく

1864-1934 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
元治(げんじ)元年6月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老福原氏家臣渡辺恭輔の次男。宇部村の村議,助役をつとめ,のち宇部興産の前身となる沖ノ山炭鉱(明治30年),宇部新川鉄工所(大正2年),宇部セメント(大正12年)などを創業した。明治45年衆議院議員(当選4回,政友会)。昭和9年7月20日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺祐策
わたなべすけさく
(1864―1934)

明治から昭和初期の実業家、政治家。元治(げんじ)1年6月15日、萩(はぎ)藩家老福原氏家臣、渡辺恭輔の二男として長門(ながと)(山口県)厚狭(あさ)郡宇部村(現、宇部市)に生まれる。号は素行。協興学舎に学んだのち、1890年(明治23)より炭鉱業に着手、1897年組合組織で開坑した沖ノ山炭鉱で成功した。以後、炭鉱より得られる利潤をもとに積極的に経営多角化を推進。1909年(明治42)宇部電気、1911年宇部軽便鉄道、1912年宇部銀行、1914年(大正3)宇部新川鉄工所、1924年宇部セメント、1933年(昭和8)宇部窒素工業など多数の企業を設立(炭鉱、鉄工所、セメント、窒素の4社合併により1942年宇部興産株式会社となる)。宇部炭田の開発と宇部炭利用による工業化を進め、宇部を一大工業都市に育て上げた。また、1912年以来三度衆議院議員に当選、立憲政友会山口県支部長を長年務め、地方政界の重鎮をもって目された。そのほか宇部鉱業組合初代会長、宇部商工会議所初代会頭などを歴任。昭和9年7月20日没。[畠山秀樹]
『弓削達勝著『素行渡辺祐策翁』(1936・同翁記念事業委員会) ▽松田武四郎著『炭坑開発の偉人 渡辺祐策』(1943・日本出版社) ▽堀雅昭著『炭山の王国――渡辺祐策とその時代』(2007・宇部日報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渡辺祐策の言及

【宇部興産[株]】より

…本社は山口県宇部市。創業は,宇部炭田開発のため,渡辺祐策により匿名組合沖ノ山炭鉱が創設された1897年(1928年株式会社に改組)にさかのぼる。その後,炭鉱用機器の製作修理を目的とする匿名組合宇部新川鉄工所(1914年設立,17年(株)宇部鉄工所に改組),同鉱の石炭・粘土と付近に産出する石灰石を利用する宇部セメント製造(株)(1923),さらには,宇部炭の完全ガス化による硫安製造のために宇部窒素工業(株)(1933)が相次いで設立され,同一資本であるこれら4社が合併して1942年3月に宇部興産(株)が発足した。…

※「渡辺祐策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渡辺祐策の関連キーワード合田平牛尾梅吉関口高次津山英吉奈佐忠行西田恒夫西野藤助松浦厚三浦第二郎水町袈裟六

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺祐策の関連情報