測地基準系(読み)そくちきじゅんけい(英語表記)geodetic reference system

世界大百科事典 第2版の解説

そくちきじゅんけい【測地基準系 geodetic reference system】

地球の大きさや形,その重力場などを表現するために,測地学では,地球の赤道半径や扁平率,その他いくつかの基本的な測地定数を使用する。測地定数は真実の値に近いものでなければならないが,同時に,相互に矛盾のないように決めたものでなければならない。世界各国の測地学が共通の基盤に立って研究できるように,このような立場から,国際測地学協会が,そのときもっとも正確と思われる測地定数と,それによって決まる地球楕円体と現実の地球の位置関係を定めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android