コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測地基準系 そくちきじゅんけいgeodetic reference system

世界大百科事典 第2版の解説

そくちきじゅんけい【測地基準系 geodetic reference system】

地球の大きさや形,その重力場などを表現するために,測地学では,地球の赤道半径や扁平率,その他いくつかの基本的な測地定数を使用する。測地定数は真実の値に近いものでなければならないが,同時に,相互に矛盾のないように決めたものでなければならない。世界各国の測地学が共通の基盤に立って研究できるように,このような立場から,国際測地学協会が,そのときもっとも正確と思われる測地定数と,それによって決まる地球楕円体と現実の地球の位置関係を定めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

測地基準系の関連キーワード標準楕円体標準重力

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android