コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖州鏡 こしゅうきょうHu-zhou-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖州鏡
こしゅうきょう
Hu-zhou-jing

中国,宋代に浙江湖州を中心として蘇州,杭州,明州,常州,秀州,江西省饒州の諸地方で製作された。鏡背に文様のない素文鏡が多く,「湖州真石家,念二叔照子」などの銘文を鋳出すのが一般的である。外国にも輸出した。形体円鏡,方鏡,猪目鏡,柄付き鏡,八稜,六稜,六花などがおもであるが,この形体は日本の和鏡に多大の影響を与えた。朝鮮の遺跡から湖州鏡が出土する例があり,また日本の経塚などからも出土する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こしゅう‐きょう〔コシウキヤウ〕【湖州鏡】

《「湖州」は中国浙江(せっこう)省の地名》中国、代の鏡。四角形・六花形などで文様はなく、背面に鋳造地の地名湖州が鋳出されている。平安中期に日本にも輸入された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こしゅうきょう【湖州鏡 Hú zhōu jìng】

中国の宋代,ことに南宋代に,当時の鏡製作の中心地であった浙江省湖州で作られた鏡。形状は方形円形,八花形,六花形,八稜形,六稜形,猪目(いのめ)形など多様で,柄鏡もある。鏡には〈湖州鋳鑑局官造〉および〈湖州石家造〉の鋳造銘があり,〈石家〉が最も多い。そのほか〈湖州真正石〉〈家青銅照子〉〈湖州真石家□念二叔照子〉〈湖州儀鳳鏡〉〈真西一色青銅鏡〉などの銘がある。この様式の鏡は蘇州,杭州,婺州,明州などでも製作されたが,湖州製が群を抜いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こしゅうきょう【湖州鏡】

中国、宋代に浙江せつこう省湖州で鋳造され、背面に湖州の名を鋳出してある鏡。円形・方形・六花形などで、背面に文様のない鏡が多い。日本には平安後期・鎌倉時代に伝えられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

湖州鏡の関連キーワード鰐淵寺(がくえんじ)鏡(mirror)鎌倉時代

湖州鏡の関連情報