コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯の児温泉 ゆのこおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯の児温泉
ゆのこおんせん

熊本県南西部,水俣市八代海にのぞむ温泉。近くに湯の児島が浮び,遠く天草諸島,雲仙岳を望む景勝の地。大正末頃までは海中からも湧出していた。泉質重曹泉泉温 43~53℃。リウマチ,胃腸病などにきく。海水浴,釣りなどを兼ねた浴客が多い。付近は芦北海岸県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯の児温泉
ゆのこおんせん

熊本県南西部、水俣(みなまた)市にある温泉。泉質は炭酸水素塩泉。海岸での自然湧出(ゆうしゅつ)が発見の契機である。沈水海岸特有の景観を呈する風光明媚(めいび)な芦北(あしきた)海岸県立公園内にあり、遠くに天草(あまくさ)諸島、眼前に湯の児島の浮かぶ八代(やつしろ)海を望むことができる。肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道水俣駅からバスの便がある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湯の児温泉の関連キーワード水俣(市)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯の児温泉の関連情報