コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯宿温泉 ゆじゅくおんせん

2件 の用語解説(湯宿温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯宿温泉
ゆじゅくおんせん

群馬県北部,利根川支流の赤谷川沿いにある温泉。泉質は硫酸塩泉。泉温 57℃。三国街道 (現国道 17号線) が川の対岸を通り,江戸時代から宿場としても繁栄した。近くの下新田塩原太助の生家がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯宿温泉
ゆじゅくおんせん

群馬県利根(とね)郡みなかみ町にある温泉。赤谷(あかや)川に臨む三国(みくに)温泉郷の入口に位置する。国民保養温泉地。852年(仁寿2)の発見といわれ、泉質は硫酸塩泉で湧出(ゆうしゅつ)量豊富。近くの下新田(しもしんでん)に塩原太助(しおばらたすけ)の生家がある。JR上越新幹線上毛高原駅、上越線後閑(ごかん)駅からバスが通じる。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯宿温泉の関連キーワード谷川温泉湯檜曽温泉猿ヶ京[温泉]宝川[温泉]水上[町]湯檜曾[温泉]新治〈村〉妻沼〈町〉利根入り谷川[温泉]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯宿温泉の関連情報