コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅倉平 ゆあさ くらへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅倉平 ゆあさ-くらへい

1874-1940 大正-昭和時代前期の官僚,政治家。
明治7年2月1日生まれ。内務省にはいり,岡山,静岡の県知事などをへて,大正5年貴族院議員。のち警視総監などをつとめ,昭和8年宮内相,11年内大臣となる。昭和天皇の側近として元老西園寺公望(さいおんじ-きんもち)からも信頼され,後継首相の推挙にあたった。昭和15年12月24日死去。67歳。山口県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯浅倉平
ゆあさくらへい
(1874―1940)

内務官僚。明治7年2月1日山口県豊浦(とようら)郡宇賀村(現、下関市豊浦町宇賀湯玉)に生まれる。山口高校を経て、1898年(明治31)東京帝国大学法科大学を卒業、ただちに内務省に入る。地方局長、静岡県・岡山県知事などを歴任し、1915年(大正4)内務省警保局長となる。翌1916年同官を辞任し貴族院議員に勅選され、同成会に属す。1923年関東大震災のさなか警視総監となり、東京都の治安維持にあたったが、虎の門(とらのもん)事件で翌1924年引責辞職。その後内務次官、朝鮮総督府政務総監、会計検査院長などを歴任し、1933年(昭和8)宮内大臣に就任。1936年の二・二六事件には適切な事後処置により天皇の信任を受け、暗殺された斎藤実(まこと)の後を受けて内大臣となり、元老西園寺公望(さいおんじきんもち)らとともに後継首班の奏薦などの重責に任じたが、1940年(昭和15)健康優れず内大臣を辞任、同年12月24日死去。とくに男爵を授けられた。[由井正臣]
『林茂著『湯浅倉平』(1969・同伝記刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の湯浅倉平の言及

【重臣】より

二・二六事件で重臣の大半が襲撃されたのちは,しばらく重臣会議が開かれず,元老が内大臣,枢密院議長と協議したが,林銑十郎内閣成立ののちは内大臣が天皇の下問をうけ,元老と協議して首相候補を推薦することになった。40年の米内光政内閣の成立にあたっては湯浅倉平内大臣が枢密院議長と首相前官礼遇者の意見をきき,西園寺の意見も求めたうえで米内を推薦した。次の第2次近衛文麿内閣は木戸幸一内大臣が枢密院議長,元首相と協議して推薦した。…

※「湯浅倉平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯浅倉平の関連キーワード米内光政内閣虎ノ門事件湯浅十框

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯浅倉平の関連情報