コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源光 みなもとの ひかる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源光 みなもとの-ひかる

845-913 平安時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)12年生まれ。仁明(にんみょう)天皇の皇子。臣籍にはいり,源姓となる。元慶(がんぎょう)8年(884)参議。左大臣藤原時平に協力し,昌泰(しょうたい)4年菅原道真の失脚で右大臣,延喜(えんぎ)9年時平の没後は首班の地位についた。正二位。延喜13年3月12日狩猟中に事故死。69歳。贈正一位。西三条右大臣とよばれた。

源光 げんこう

?-? 平安時代後期の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)西塔北谷に住し,学識をもって知られた。法然の最初の師であり,その資質をみぬいて功徳院の皇円のもとにおくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源光

没年:延喜13.3.12(913.4.21)
生年:承和12(845)
平安前期の公卿。正二位。西三条右大臣と称される。仁明天皇皇子で母は未詳。源朝臣の氏姓を賜り臣籍に下った賜姓一世源氏。元慶8(884)年参議となり,延喜1(901)年右大臣に進んだ。この任官は右大臣菅原道真の代わりであり,光は道真左遷の首謀者左大臣藤原時平に手をかしたという。検非違使別当,皇太子傅,左大将などを兼務。狩猟の間に泥中にはまって死亡し,遺骸は見つからなかったという(『日本紀略』)。正一位を追贈された。『今昔物語集』などによると,五条の天神社の柿の木に現れては花を降らす金色の仏があり,京中の人が拝みに群集したが,聡明な光はこの正体が天狗であることを突き止めたという。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源光の関連キーワード京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町尾州家河内本源氏物語藤原公経(1)源忠清(2)後鳥羽院下野原中最秘抄北面の武士藤原俊成藤原定家蛍光分析藤原忠平承久の乱藤原時長秀山瑞藤中院親光卍山道白土岐光信東関紀行蒙求和歌高橋宝山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源光の関連情報