コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮汐摩擦 ちょうせきまさつ tidal friction

5件 の用語解説(潮汐摩擦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮汐摩擦
ちょうせきまさつ
tidal friction

潮汐による海水の移動,すなわち潮流によっておこる海水と海底との摩擦。これによって,地球の自転速度は遅れ,1日の長さが 100年につき 1000分の1秒ほど長くなり,その運動量の移動によって,月の公転は加速され,1年に 3cmの割合で月は地球から遠ざかる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうせき‐まさつ〔テウセキ‐〕【潮×汐摩擦】

潮汐に伴って移動する海水と、海底および陸岸との間で生じる摩擦。これにより地球の自転速度は徐々に遅くなり、1日の長さは100年で約1000分の1秒ずつ長くなっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

潮汐摩擦【ちょうせきまさつ】

潮汐によって移動する海水(潮流)が海底や陸岸との間で起こす摩擦現象。このため地球の自転は少しずつ遅れ,1日の長さは100年につき約1000分の1秒ずつのびている。
→関連項目地球潮汐進化説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちょうせきまさつ【潮汐摩擦】

潮流と海底との摩擦。これにより地球の自転速度がほんのわずかずつ遅くなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮汐摩擦
ちょうせきまさつ

地球上でおこる潮汐によって海水が移動する際、海底との間に生じる摩擦力をいう。潮の干満の原因は、月と太陽が及ぼす引力の地球上の場所による差によって働く力(潮汐力)である。潮汐力は月や太陽が真上にきたとき(南中したとき)に最大となる。しかし海水と海底に働く摩擦のため満潮の時刻は月あるいは太陽の南中時刻とは一致せず、平均3~4時間遅れる。太陽や月の方向とややずれた方向に盛り上がった海水に作用する潮汐力は、地球の自転にブレーキをかける力となる。その結果地球の自転速度はしだいに遅くなり、1日の長さは100年間におよそ1000分の2秒の割合で徐々に長くなる。この自転を遅くする原因となる、海水と海底の間に働く摩擦力を潮汐摩擦という。月と地球の角運動量(回転の勢い)の和が保存されるため、地球の角運動量の減少分は月の角運動量の増加分となる。月の公転運動が加速される結果、月は緩やかな渦巻を描いて地球から遠ざかる。アポロ計画宇宙飛行士によって月面に置かれた反射板に向けて、地球からレーザー光線を発射して往復時間を測定する実験(月レーザー測距)が行われている。それによって月と地球の距離が毎年およそ5センチメートルずつ大きくなっていることが確認されている。海洋潮汐モデルを用いて潮汐摩擦の効果を理論的に計算できるが、地球自転の減速と月の軌道変化の値はそれらの予測とおおむねあうことが確かめられている。
 海洋は地球の歴史のごく初期に誕生したので、潮汐摩擦は過去数十億年の間ずっと働いてきているはずである。これは遠い過去にさかのぼると地球と月は現在よりずっと近い距離にあり、地球の自転周期や月の公転周期も短かったことを意味する。誕生まもない地球に火星サイズの天体が衝突した結果、飛び散った岩石のかけらが集積して月ができたとされている。現在の38万キロメートルに対して、生まれたての月の地球からの距離はわずか2万キロメートル余り、その後潮汐摩擦によって徐々に遠ざかってきたと考えられている。数千年から数億年前の自転速度は、古代の日食記録やサンゴ・二枚貝などの化石にみられる「年輪」と「日輪」(成長速度が1年周期や1日周期で変わることによってできる縞(しま)模様)の比較などによって推定できる。昔の大陸の配置に基づく過去の海洋潮汐モデルとこれらのデータをあわせて地球―月系の起源と進化が研究されている。[日置幸介]
『ニール・F・カミンズ著、竹内均監修、増田まもる訳『もしも月がなかったら――ありえたかもしれない地球への10の旅』(1999・東京書籍) ▽井田茂・小久保英一郎著『岩波科学ライブラリー71 一億個の地球 星くずからの誕生』(1999・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮汐摩擦の関連キーワード海食漂砂根圧太陰潮太陽潮潮流無潮点海蝕油による海水の汚濁の防止のための国際条約船舶の油による海水の汚濁の防止に関する法律

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone