コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山雷 カザンライ

デジタル大辞泉の解説

かざん‐らい〔クワザン‐〕【火山雷】

火山噴火の際、噴煙中に発生する火花放電。火口の真上周辺にみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かざんらい【火山雷 volcanic lightning】

日本に多い安山岩質火山は爆発的噴火が特徴であり,初速100~600m/sで,火山弾,火山灰,火山礫(れき),軽石などが高空に放出される。このような速度で火山灰のような細かい物質が,相当な密度で放出されるとき,粒子間に摩擦による静電気が生じ,噴煙が上昇中に噴煙中で放電する現象である。噴火の規模が大きければ,火山雷もかなりの規模で発生する。【下鶴 大輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かざんらい【火山雷】

火山爆発の噴煙中に発生する火花放電。噴出物の摩擦による帯電が原因と考えられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火山雷
かざんらい
volcanic lightning

火山爆発の噴煙中におこる電光放電。日本では浅間山や桜島などでしばしば観測されている。放電は煙の噴出が激しいときにのみおこり、電光が噴煙の中を飛んだり山頂や火口に落ちるのが見られる。普通の雷では降水粒子(雨滴、氷晶、あられなど)の帯電が電光放電の原因であるのに対して、火山雷の場合には灰や砂礫(されき)の摩擦による帯電がその原因であると考えられている。火山雷の規模は普通の雷よりずっと小さく、火口の真上周辺に限られる。[三崎方郎]
『北川信一郎著『雷と雷雲の科学――雷から身を守るには』(2001・森北出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の火山雷の言及

【雷】より

…この火花放電は,雨,雪,ひょう等を降らせる対流雲の発電作用によって生じ,その規模はきわめて大きく,放電路の長さは2~20km(代表値5km)で,中和する電荷は3~300C(代表値25C)である。 また,火山の噴煙による電荷分離作用が火花放電を起こす場合があり,火山雷とよばれる。大火災,大気中の核爆発によっても大規模火花放電を生ずることがあり,前者は火事雷とよばれる。…

※「火山雷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火山雷の関連情報