コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点取俳諧 てんとりはいかい

世界大百科事典 第2版の解説

てんとりはいかい【点取俳諧】

点者に句の採点を請うて,点の多さを競う俳諧芭蕉も《三等の文》(元禄5年曲水宛書簡)で〈点取に昼夜をつくし,勝負に道を見ずして走りまはる〉と言っているように,即吟即点が流行していた。其角は〈半面美人〉の点印を洒落風俳諧の高点句に印し,点取り競争をあおった。とくに享保期(1716‐36)の江戸,京都,大坂で流行し,百韻を中心に連衆(れんじゆ)の点を計算して順位を定め,景品もそえるなどして時好に投じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

点取俳諧の関連キーワード水間沾徳夏目成美江戸座五色墨蓼太

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android