コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏合の衆 ウゴウノシュウ

デジタル大辞泉の解説

うごう‐の‐しゅう〔ウガフ‐〕【×烏合の衆】

《「後漢書」耿弇伝から》規律も統一もなく寄り集まった群衆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うごうのしゅう【烏合の衆】

〔後漢書 耿弇伝
烏の群れのように統一も規律もなく寄り集まった群衆、または軍勢。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏合の衆
うごうのしゅう

カラスがたくさん集まってがやがやと騒ぐだけのように、ただ数ばかり多い群衆。規律もなければ、統一されてもいない人々の集団の意から、転じて、未熟でまとまりのない、まったくだらしない無統制の軍隊をいう。『後漢書(ごかんじょ)』に「突騎を発して烏合の衆を躪(ふみにじ)るは、枯(かれたる)を摧(くだ)き腐(くされたる)を折(くじ)くが如(ごと)きのみ」とか、同「(ひとう)伝」に「卜者王郎烏合の衆を集め、燕趙(えんちょう)の北を震す」などとある。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

烏合の衆の関連キーワード騒乱罪公衆群れ軍勢

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

烏合の衆の関連情報