コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀義雄 しがよしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀義雄
しがよしお

[生]1901.1.8. 福岡
[没]1989.3.6. 東京
政治家。東京大学在学中,創立早々の日本共産党入党。 1925年卒業後,再建された同党政治局長となる。 28年徳田球一らとともに検挙され (→三・一五事件 ) ,日本の敗戦まで非転向を貫く。 45年釈放後,徳田とともに党再建の中心となる。 46年衆議院議員に当選。 50年,コミンフォルム批判をめぐる党内対立では国際派。 64年部分核停条約批准で,党決定にそむき賛成票を投じて除名され,ソ連支持の「日本のこえ」を結成,全国委員長,のち名称を「平和と社会主義」に変更し議長となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

志賀義雄【しがよしお】

元日本共産党幹部。福岡県出身。旧姓川本。1925年東京帝大文学部卒。在学中に日本共産党に入党。1928年三・一五事件で検挙,1932年懲役10年の判決を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀義雄 しが-よしお

1901-1989 昭和時代の社会運動家。
明治34年1月8日生まれ。東京帝大在学中,学生連合会結成に参加し,共産党に入党。昭和3年三・一五事件で検挙され,18年間の獄中生活をおくる。戦後,党中央委員をつとめ,21年衆議院議員(当選6回)。39年党議違反で除名され,ソ連支持の立場から「日本のこえ」を創立,全国委員長となる。平成元年3月6日死去。88歳。福岡県出身。旧姓は川本。著作に「獄中十八年」(共著)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しがよしお【志賀義雄】

1901‐89(明治34‐平成1)
大正・昭和期の社会運動家。門司市に生まれる。中学生で米騒動を経験。東大在学中の1923年(大正12)に共産党入党。25年の党再建活動で徳田球一を知り,27年(昭和2)1月,モスクワに赴く福本和夫から党中央常任委員・政治部長の要職を引き継いだが,福本イズムからは事実上離反した。三・一五事件に連坐し,34年に懲役10年が確定した。予防拘禁所での雑役に徳田とともに従い,敗戦後に釈放。45年12月の党大会で中央委員に就任し,翌年の総選挙に小岩井浄に代わって大阪で初当選する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀義雄
しがよしお
(1901―1989)

政治家。福岡県に生まれ、一高、東京帝国大学文学部卒業。その間、新人会に参加、学生連合会を創立、1923年(大正12)日本共産党に入党した。三・一五事件(1928)で検挙され非転向で獄中生活18年。1945年(昭和20)10月出所後、党再建に力を尽くし中央委員・政治局員。1950年の党中央分裂に際しては国際派に属し第7回、第8回大会で幹部会員。また1946年総選挙で大阪から選出され、1950年マッカーサーの公職追放令で議員資格を失ったが、1955年総選挙で復帰した。1964年国会の部分核停条約に賛成投票し、党議違反で除名され、同年神山茂夫らとともにソ連共産党を支持する「日本のこえ」を結成し全国委員長となる。「日本のこえ」は1977年「平和と社会主義」と改称した。『獄中十八年』『国家論』『日本帝国主義について』などの著書がある。[荒川章二]
『中村隆英他著『現代史を創る人々 第2巻』(1971・毎日新聞社) ▽志賀義雄著『日本共産党史覚え書』(1978・田畑書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の志賀義雄の言及

【三・一五事件】より

… 検挙を逃れた市川正一らの幹部は,弾圧への抗議行動を訴えつつ党の再建をはかるとともに労農党などの再建につとめたが,コミンテルンの方針転換もあってその指導は混乱し,再建が軌道にのらないうちに翌29年4月の四・一六検挙で壊滅的打撃をうけた。三・一五事件の裁判は,四・一六事件の被告と統一して行われ(一部は分離公判),被告らは,裁判を共産党の宣伝扇動の場として利用する闘争を展開したが,32年10月の判決では,三・一五事件の被告徳田球一,志賀義雄,杉浦啓一,河田賢治らは,治安維持法改悪前の最高刑10年の懲役を科された。【岡本 宏】。…

※「志賀義雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

志賀義雄の関連キーワードコミンフォルム批判日本資本主義論争産業労働調査所時事通信社1月12日無産者新聞神山 茂夫昭和時代中村隆英鈴木市蔵宮本顕治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android