コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳瀬正夢 やなせまさむ

7件 の用語解説(柳瀬正夢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳瀬正夢
やなせまさむ

[生]1900.1.12. 松山
[没]1945.5.25. 東京
昭和初期の代表的プロレタリア漫画作家。本名,正六。小倉で小学校を終え,1915年 15歳で上京し,日本美術院研究所などで学ぶ。同年,第2回日本美術院展に油絵『光と風の流れ』が入選。未来派に傾倒し,21年には「種蒔く人」同人となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やなせ‐まさむ【柳瀬正夢】

[1900~1945]洋画家。愛媛の生まれ。本名、正六。前衛芸術のグループ「マヴォ」を結成。のちプロレタリア美術運動に参加し、労働運動ポスター、政治風刺漫画などを描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柳瀬正夢【やなせまさむ】

画家。愛媛県松山市生れ。本名正六。1914年上京,日本水彩画研究所に学ぶ。1915年院展入選。1920年読売新聞社入社。1921年《種蒔く人》同人となり,1923年には〈MAVO〉結成に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳瀬正夢 やなせ-まさむ

1900-1945 大正-昭和時代前期の洋画家,漫画家。
明治33年1月12日生まれ。大正10年「種蒔く人」同人となる。未来派美術協会,マヴォなど前衛美術団体に参加。のちプロレタリア美術にむかい,政治漫画,風刺画をかく。昭和7年治安維持法違反で入獄。昭和20年5月25日空襲にあい死去。46歳。愛媛県出身。本名は正六(まさむ)。筆名は夏川八朗。作品集に「柳瀬正夢画集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やなせまさむ【柳瀬正夢】

1900‐45(明治33‐昭和20)
大正・昭和期の洋画家,漫画家。本名正六。松山市に生まれ,1914年上京,翌年16歳で院展に入選。20年読売新聞社に入社し,政治漫画を描き,また未来派美術協会に加わって前衛美術運動で活躍した。ドイツの漫画家G.グロッスの影響をうけ,プロレタリア美術運動に深く傾斜,25年日本プロレタリア文芸連盟および漫画連盟に参加した。同年創刊の《無産者新聞》に独特の鋭い筆致で政治漫画を描いた活動はプロレタリア美術史上特筆される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やなせまさむ【柳瀬正夢】

1900~1945) 洋画家・漫画家。本名、正六。松山市生まれ。前衛美術運動・プロレタリア美術運動で活躍、主に政治漫画を描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳瀬正夢
やなせまさむ
(1900―1945)

画家、詩人。松山生まれ。本名は正六(まさむ)。小学校を終え、1914年(大正3)に上京、日本美術院研究所で学ぶ。『種蒔(ま)く人』『文芸戦線』に参加し、プロレタリア芸術運動の展開とともに活躍した。活動は幅広く、彫刻を発表したり、23年に村山知義(ともよし)らと前衛的芸術集団「マヴォの会」を結成、前衛的な意匠や詩を書いたり、『無産者新聞』(1925~29)で鋭い政治風刺漫画の筆を振るったりした。32年(昭和7)検挙され、入獄。東京空襲で死去。[鳥居明久]
『『柳瀬正夢画集』(1930・叢文閣) ▽『柳瀬正夢デッサン集』(1977・岩崎美術社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柳瀬正夢の言及

【漫画】より

…共産主義政権下の中国で1962年に鄧拓が《燕山夜話》を著して政権を批判したとき,中国に漫画の伝統があったということから説き起こしてやがて反党・反社会主義として批判されたのも,〈全体主義〉と漫画が両立しにくいことを示す。ファシズムに対抗する際の共産主義運動は,《無産者新聞》にアジ・プロ漫画を描き続けた柳瀬正夢(やなせまさむ)(1900‐45)のように,すぐれた作品を生み出した。 1945年の敗戦は大正時代の漫画を復活させた。…

※「柳瀬正夢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柳瀬正夢の関連キーワード石井柏亭黒田重太郎漫画家油谷達有馬三斗枝池田永治織田東禹須山計一油井夫山渡辺幽香

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳瀬正夢の関連情報