コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平気 へいき

3件 の用語解説(平気の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平気
へいき

太陰太陽暦において二十四節気を定めるのに,太陽の平均黄経を用いる方法。太陰太陽暦の初期にはこの方法が用いられたが,17世紀頃 (日本では 19世紀) から真太陽の黄経を用いる定気に切替えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へい‐き【平気】

[名・形動]
心に動揺がないこと。落ち着いていること。また、そのさま。平静。「何が起きても―だ」「―なふりをする」
気にかけないこと。心配しなくともよいこと。また、そのさま。「―でうそをつく」「君になら―で何でもいえる」
太陰太陽暦二十四節気を定めるのに、冬至から始まる1年間を時間によって等間隔に分ける方法。初期の暦法。平気法。→定気(ていき)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へいき【平気】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物事に動じないこと。いつもと気持ちや態度が変わらないこと。また、そのさま。 「どんな悪口にも-な顔でいる」 「ちょっとの熱ぐらい-だ」 「 -を装う」
落ち着いた平静な気持ち。 「虚心-に考ふれば/福翁百話 諭吉
太陰太陽暦で二十四節気を決める方法の一。一年を時間的に二十四等分して節気を設ける。この方法では春分や夏至などの日に、太陽は黄道上の各定点に一般には来なくなる。平気法。 → 定気 〔 (1) 心配ない、問題ないの意で、「大丈夫」と同じ意でも用いられる。「大地震でもこの家は-ですか」 (2) 「平気、平気」などの形で、相手に対して、自分のことで心配しなくてもよいという気持ちを表して感動詞的にも用いる。「『風邪気味だから、今日は休んだら』『-、-』」〕
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平気の関連キーワード純一ドライ無欠無実無慈悲無責任無点無味豪胆無知

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平気の関連情報