コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照度計 しょうどけいilluminometer

翻訳|illuminometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

照度計
しょうどけい
illuminometer

被照射体表面の単位面積あたりの光束の量を照度といい,単位はルクス (記号 lx。 lx=ルーメン/m2) またはホト (記号 ph。 ph=ルーメン/cm2) 。測定方法は,定格の標準光度電球で一定反射率の試験板を照明し,その照度と被検照度とを光度計 (たとえばルンマ・ブロードゥン光度計) で平衡させ,そのときの電球の位置から算出するマクベス照度計,また順に変化する明るさの輝点列と被検照度を比較する簡易照度計,あるいは光電池電流による物理的測定法などがある。光電池照度計については JISに規格がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

照度計【しょうどけい】

照度を測定する装置。肉眼を用いる方法もあるが,現在では,光電池光電管光電子増倍管を測定位置において光の量を直接測定するのがほとんど。この場合はフィルターを用いそれらの感度を肉眼の分光感度に合わせなければならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうどけい【照度計 illuminance meter】

照度を測る装置で,測光器の中ではもっとも一般に用いられている。照度は被照面上の微小面積に入射する光束(単位時間当りの光量)を,その微小面の面積で割ったものである。昔は視感による照度測定も行われたが,現在ではもっぱら光電池,光電管,光電子増倍管などの受光素子を用いる光電式照度計で行う。これらの受光素子に光が入射したときの電気的出力を読むために微小電流計やディジタル電圧計を備えている。照度計の分光感度(スペクトルの各波長に対する感度)は,国際的に定められている標準比視感度,すなわち目の分光感度によく合っていなければならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

照度計
しょうどけい

光に照らされた面の単位面積当りの光束(国際単位系=SI単位はルーメンlm)を測定し、その面の照度(SI単位はルクスlx)を表示する計器。光束は光によって単位時間に運ばれるエネルギーを表す量であるが、人間の目が感じる明るさに比例した量とするため、光の波長(色)によって値の異なる特定の重み因子を乗じることが約束されている。国際単位系(SI)の光に関する単位は、すべて基本単位である光度の単位カンデラ(cd)から導かれ、光束の単位ルーメンおよび照度の単位ルクスは、重み因子として国際照明委員会が決めた標準比視感度を用いて定められている。照度計の原理は、光のエネルギーによって固体中の電子が励起される現象、すなわち光電効果、光起電力効果、光伝導などを利用し、光のエネルギーを電気信号に変換して計算処理・表示するもので、目的、用途に応じていろいろな型式があり、照明設備の検査などに用いられる。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の照度計の言及

【測光】より

標準比視感度
[測光器]
 測光を行う装置を測光器という。もしそれが光度を測るものなら光度計,照度なら照度計,輝度なら輝度計である。これら測光器の使用に際しては,何を測ろうとするかによって異なった使い方となるので注意が必要である。…

※「照度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

照度計の関連キーワード光電変換材料度量衡測光

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android