コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煽石 センセキ

世界大百科事典 第2版の解説

せんせき【煽石 natural coke】

地下で形成された石炭の層(炭層)に,あとから火山活動によって溶岩が接近あるいは貫入し,その熱で付近の石炭が変質したものをいう。熱が加わるが空気(酸素)の供給はないので,石炭は燃焼せずに乾留され,揮発分が抜けて無煙化し,一種のコークスのようなものになっている。熱源である溶岩(火成岩)から遠ざかるにつれて無煙化の程度が下がり,燃えると白煙を発するものもある。煽石はこのように二次的に変質したものであるが,JISのなかの石炭化度による炭質区分では,無煙炭に含め,細区分で本来の無煙炭と分けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんせき【煽石】

火成岩の熱により変質し、コークス化した石炭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煽石の関連キーワード筑豊炭田精炭

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android