コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷陣屋 くまがいじんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊谷陣屋
くまがいじんや

義太夫節の曲名。並木宗輔らの合作。宝暦1 (1731) 年初演。時代物。『一谷嫩軍記 (いちのたにふたばぐんき) 』の3段目。熊谷直実平敦盛を討ったとみせ,実は一子小次郎を身代りにしていた。熊谷は無常を感じ,出家する。武士道の犠牲的精神をよく描き,熊谷と,小次郎,敦盛の2人の母の苦悩が聞きどころ。人形もみどころの多い名作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

熊谷陣屋【くまがいじんや】

一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くまがいじんや【熊谷陣屋】

人形浄瑠璃「一谷嫩軍記いちのたにふたばぐんき」の三段目切「生田熊谷陣屋」の通称。義経の意をくんだ直実が敦盛の身代わりに我が子を討ち、無常を感じて出家するという筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊谷陣屋
くまがいじんや

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

熊谷陣屋の関連キーワード豊竹 若太夫(10代目)竹本 津太夫(3代目)松本 幸四郎(8代目)竹本 津太夫(4代目)竹本 米太夫(2代目)中村 又五郎(2代目)豊竹 山城少掾新歌舞伎十八番豊竹筑前少掾豊竹山城少掾竹本大隅太夫豊竹若太夫マキノ雅広杉贋阿弥義太夫節東宝劇団愁三重物語

熊谷陣屋の関連情報