コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷陣屋(読み)くまがいじんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊谷陣屋
くまがいじんや

義太夫節の曲名。並木宗輔らの合作。宝暦1 (1731) 年初演。時代物。『一谷嫩軍記 (いちのたにふたばぐんき) 』の3段目。熊谷直実平敦盛を討ったとみせ,実は一子小次郎を身代りにしていた。熊谷は無常を感じ,出家する。武士道の犠牲的精神をよく描き,熊谷と,小次郎,敦盛の2人の母の苦悩が聞きどころ。人形もみどころの多い名作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くまがいじんや【熊谷陣屋】

人形浄瑠璃「一谷嫩軍記いちのたにふたばぐんき」の三段目切「生田熊谷陣屋」の通称。義経の意をくんだ直実が敦盛の身代わりに我が子を討ち、無常を感じて出家するという筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊谷陣屋の関連情報