コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕庵 えんあん

大辞林 第三版の解説

えんあん【燕庵】

京都市下京区にある藪内やぶのうち流宗家の茶席。はじめ古田織部の屋敷内にあったが、その没後初代藪内剣仲邸中に移築、さらに現在地に移った。三畳台目だいめと一畳の相伴しようばん席とからなり、江戸初期作の露地をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

燕庵【えんあん】

京都市下京区西洞院正面の藪内家にある茶室古田織部好みといわれる三畳台目の席で,現在の建物は寛政年間ころに模写した席を他から移築したもの。床の左に相伴(しょうばん)畳を置き,これに続いて軒内土間となり,水屋に通じる給仕口が開いているのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんあん【燕庵】

藪内家の代表的な茶室で,古田織部が大坂出陣に際し,京屋敷の茶室を義弟にあたる藪内家初代剣仲に与えたものであると伝えられる。1864年(元治1)の兵火に類焼したあと,摂津有馬の武田儀右衛門が忠実に写し建てていた茶室が移築(1867)されたのが現在の燕庵である。茅葺き入母屋造で,南東隅の入り込んだ土間庇に躙口(にじりぐち)をあけている。三畳台目に二枚襖を隔てて相伴席を付設したのが燕庵の最大の特色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燕庵
えんなん

藪内(やぶのうち)家を代表する茶室。大坂の陣に出征する古田織部(おりべ)が、義弟にあたる藪内家初代剣仲(けんちゅう)に与えていった茶室であると伝えられている。2代真翁(しんおう)は西本願寺の茶道師家に迎えられ、門前に屋敷を移すことになった。このとき剣仲屋敷の茶室も移され、露地も忠実に復原されたとみられる。茶室は燕庵と名づけられ、藪内家の代表的な茶室として尊重されてきた。1864年(元治1)の兵火に藪内家は類焼し、燕庵も失われたため、摂津有馬(神戸市)の武田儀右衛門(ぎえもん)が忠実に写し建てていた茶室を1867年(慶応3)に移建した。これが現存する燕庵である。
 茅葺(かやぶ)き入母屋造(いりもやづくり)で、南東隅の土間庇(どまびさし)に面して躙口(にじりぐち)をあけている。三畳の客座を挟んで点前座(てまえざ)と相伴席(しょうばんせき)を配している。客座との境に二枚襖(ふすま)を隔てて相伴席を付設した点に燕庵の最大の特色があり、この形式はとくに武家社会において歓迎された。窓が多いのも織部の作風の特色で、点前座勝手付きの色紙窓以下全部で10窓を数える。墨蹟窓(ぼくせきまど)に花入れの釘(くぎ)を打つこと、雲雀棚(ひばりだな)とよばれる上棚の長い釣棚の形式なども織部の作意を伝えている。[中村昌生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の燕庵の言及

【藪内流】より

…この屋敷は剣仲の子で2世真翁紹智(1580‐1655)が本願寺の良如上人の知遇を得て寺領の一部を拝領したものであり,ここに流儀の基礎が確立されたといってよい。また古田織部が剣仲に与えたという茶室の燕庵(えんあん)もこのとき移築された。【筒井 紘一】。…

※「燕庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

燕庵の関連キーワード藪内紹智・薮内紹智藪内紹智(13代)藪内紹智(初代)藪内紹智(2代)茶室一覧藪内紹智藪内剣仲藪内流露滴庵現在地屋敷内露地茶席名物

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燕庵の関連情報