コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

gua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



gua

易の用語。「け」とも読む。-の線 (陽〈こう〉) と--の線 (陰爻) が3本組合わさった形をいう。組合せの方法は,全部で8卦 (はっか) になるが,それをさらに重ね合せて 64卦としたものを実際の占いでは利用する。3本ずつ重ね合せた上卦と下卦との関係から,あるいは各爻の位置から,将来の吉凶を占う。それぞれの卦には説明文がついていて,それを卦辞あるいは彖辞 (たんじ) という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

占い用語集の解説

三つの爻を重ねた、(天)・兌(沢)・離(火)・震(雷)・巽(風)・坎(水)・艮(山)・(地)の八種類から成る八卦(小成卦)と、この八卦を更に上下に二つ重ねた六十四卦(大成卦)がある。この卦の中に、世の中の森羅万象全てが詰まっているといわれている。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

け【卦】

易で、算木を数えて得たしるし。乾・坤・震などの8種。また、これを組み合わせた64種。 「よい-が出る」 → 八卦はつけ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易経】より

…《周易》,《易》ともいう。本文(経(けい))は64種類の象徴的符号(卦(か))と,そのおのおのに付された短い占断の言葉から成っており,本文の解説(伝(でん))は彖(たん)伝をはじめ10編があるので,これを十翼(翼はたすける意)という。《易経》はこの経と伝との総称である。…

【算木】より

…筮竹(ぜいちく)の操作によって出た爻を,下から上へ順次置いてゆくためのもの。古代には1爻を得るごとに地面に爻を描き,6爻(ひとつの卦(か)を成す)が備わると方版に描いて依頼者に示したといい(《儀礼(ぎらい)》士冠礼の疏),朱熹の《筮儀》にも,爻を描くために筆と墨と黄色い漆の板を用意せよとあって算木(中国語の卦子)への言及がないから,算木を使うのは古礼ではなく近世にはじまったことがらであろう。(2)中国の計算器。…

※「卦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卦の関連キーワード積善の家には必ず余慶あり南面して天下に聴く大吉は凶に還る同気相求める虎の尾を踏む自彊息まず無筮立卦法梅花心易元亨利貞卦体糞擲銭法序卦伝雑卦伝占筮法周易遯月占筮有卦外卦易経

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卦の関連情報