コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山津玉造遺跡 かたやまづたまつくりいせき

1件 の用語解説(片山津玉造遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かたやまづたまつくりいせき【片山津玉造遺跡】

石川県加賀市片山津町の上野(うわの)台地上に点在する4世紀の玉造遺跡群の総称。上野遺跡,成山(じようやま)遺跡が確認されている。1959,61の両年に加賀市教育委員会が上野遺跡を発掘し,38戸の竪穴住居址を検出した。住居址は隅丸方形を呈し,1辺5~9mをはかる。床面には,柱穴や炉址とともに,攻玉用と推定される小穴をみる。玉造関係の遺物として,原材,未成品,完成品,砥石,叩石,鉄工具がある。原材は主として緑色凝灰岩であり,わずかに硬玉,水晶が混じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

片山津玉造遺跡の関連キーワード加賀市片山津温泉九谷大聖寺山代温泉山中山中塗糸目椀篠原菅生石部神社

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone