片山津玉造遺跡(読み)かたやまづたまつくりいせき

世界大百科事典 第2版の解説

かたやまづたまつくりいせき【片山津玉造遺跡】

石川県加賀市片山津町の上野(うわの)台地上に点在する4世紀の玉造遺跡群の総称。上野遺跡成山(じようやま)遺跡が確認されている。1959,61の両年に加賀市教育委員会が上野遺跡を発掘し,38戸の竪穴住居址を検出した。住居址は隅丸方形を呈し,1辺5~9mをはかる。床面には,柱穴や炉址とともに,攻玉用と推定される小穴をみる。玉造関係の遺物として,原材,未成品,完成品,砥石,叩石,鉄工具がある。原材は主として緑色凝灰岩であり,わずかに硬玉,水晶が混じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android